WWNトップ » 企業ニュース

企業ニュース

iOS 6のパスブックは日本でも利用可能に、iPod nanoは動画再生機能が復活

2012.09.13

201209131830-1.jpg

日本時間で13日のアップルの製品発表会では、iPhone 5をはじめ、第7世代iPod nano、第5世代目iPod touch、そしてiOS6、iTunesなどの発表が行われた。iPhone 5については別途記事にてとりあげたので、ここではその他について紹介する。

iOS6に関してはすでに今年の6月12日に発表があり、そこからの大きな変更は見られなかった。ブラウザSafariのフルスクリーン対応や、メールへのフラグやVIP機能の追加、フォトストリーミングによる写真共有でコメントが付けられるなど、いくつか便利な機能はあるものの、目玉機能とまではいかない。注目を集めたマップアプリも予定どおりオリジナルに作り直されてはいたが、ワンタッチでナビゲーションを立ち上げる機能は日本でも使えるが、現時点ではまだ一部の地域のみで、今後徐々に範囲を拡大していくとしている。建物の3D表示は米国のみ対応で、ハンズオンではサンプル画像を見ることができたが、iPhone 5、iPod touch共に画像の動きはスムーズで美しく、iPadでどのように見られるようになるのかが楽しみなところだ。

意外だったのは、米国のみと思われたパスブックが国内で使えるようになるとのこと。この機能はiPhoneで様々なショップのクレジット機能を個別に管理できるというもので、決済方法については各サービスによって変わるようだ。早い対応が考えられるのはJAL(日本航空)やANA(全日空)のように、すでにおサイフケータイ機能を使って同様のチケットレスサービスを運営している航空会社の対応だ。デモではデルタ航空の例が紹介されていたが、ロック画面から直接アプリを立ち上げるとQRコードでチケットが表示される。QRでチケット情報を読み込むのは日本も同じなので、導入のハードルは比較的低いといえる。

201209131830-2.jpg

iOS6については9月19日から無料ダウンロードが提供され、3GS以上の機種とiPadでもインストールできることになっている。ただし、これらの旧機種でのスクリーン比で、一段多く表示できる画面の配置がどう調整されるかについては現時点では未確認だ。


1  2  3  4

野々下 裕子(ののした・ゆうこ)
フリーランスライター。大阪のマーケティング会社勤務を経て独立。主にデジタル業界を中心に国内外イベント取材やインタビュー記事の執筆を行うほか、本の企画編集や執筆、マーケティング業務なども手掛ける。掲載媒体に「月刊journalism」「DIME」「CNET Japan」「WIRED Japan」ほか。著書に『ロンドンオリンピックでソーシャルメディアはどう使われたのか』などがある。

関連タグ

サービス 端末

バックナンバー記事一覧