WWNトップ » 世界の話題

世界の話題

シスコ、Wi-Fi関連ベンチャーのメラキ・ネットワークスを12億ドルで買収

2012.11.19

ネットワーク機器最大手のシスコシステムズ(Cisco Systems)が、メラキ・ネットワークス(Meraki Networks;以下、メラキ)というWi-Fi関連技術の開発を手がけるベンチャー企業を12億ドルの現金で買収することになった。

2006年創業のメラキはMIT生まれのベンチャーで、元々は大規模な大学キャンパスや企業向けにフォーカスしたWi-Fi機器などを手掛けていたが、その後新興市場のホテルや、集合住宅、企業などに向けた製品開発に経営方針を転換。スマートフォンやタブレットなど、Wi-Fi接続機能を内蔵する機器が急激に普及するなか、同社の事業は急成長を遂げ、今年の売上見込み額は1億ドルに達し、社員数も1年で120人から330人に増加しているという。

メラキは、かつてサンフランシスコ周辺でWi-Fi網展開を目指していたグーグル(Google)のほか、セコイア・キャピタル(Sequoia Capital)などの有力VCから、推定8000万ドル程度の資金を調達。セコイアのブログには、「MITでRootNetという技術の研究開発に取り組んでいた3人の共同創業者をわれわれに紹介したのは、グーグル共同創業者ふたりの卒論を指導したスタンフォード大のラジーブ・モトゥワニ(Rajeev Motwani)」といった記述もみられる。

同ブログによると、メラキの事業に大きな転換があったのは2009年で、この時同社はビジネス向けに、クラウドベースの接続管理用ソフトウェアをリリース。大量のWi-Fi機器が無線LANに接続する環境で、ネットワークの管理に多くの人手や資金をかけられない顧客にこの技術が好評を博し、その後同社はVPNやファイアウォールをつかったセキュリティ関連、WAN最適化、モバイル端末管理などの分野にも手を拡げているという。

企業向けの無線ネットワーク分野では、HPやモトローラといった大企業のほか、アルバ・ネットワーク(Aruba Network)といった新興勢力も台頭しつつあり、シスコはメラキを獲得することでこの分野でのリードをより確実なものにできる可能性があるとGigaOMでは指摘している。


【参照情報】
Here is why Cisco bought Meraki for $1.2 billion in cash - GigaOM
Cisco Acquires Enterprise Wi-Fi Startup Meraki For $1.2 Billion In Cash - TechCrunch
Cisco acquires Meraki: how 3 guys from MIT transformed the networking industry - Sequoia Capital
Cisco Announces Intent to Acquire Meraki - MarketWatch


三国大洋(スタッフライター)

関連タグ

バックナンバー記事一覧