WWNトップ » 3.11からのレポート 震災と今後のコミュニケーション

3.11からのレポート 震災と今後のコミュニケーション

3.11からのレポート 震災と今後のコミュニケーション

「津波で逃げた人がケータイを取りに戻ったというのは、何人も聞きます。それほどケータイは大事なんです」石巻赤十字病院 阿部 雅昭氏(中編)

2012.03.21

電気と水道は本震から数日で復旧した。少し遅れたが2週間以内にはガスも使えるようになった。なのに通信事業者は何も言ってこないから、こちらからつてを頼って移動基地局を手配してもらうしかなかった──「ケータイは文字通り『命の電話』なのに、通信事業者は全く分かっていない」と、石巻赤十字病院の阿部氏は怒りをあらわにする。(聞き手:クロサカタツヤ インタビュー実施日:2011年10月28日)

前編はこちら

▼石巻赤十字病院 企画調整課 課長 阿部雅昭氏
201203211700-1.jpg

病院を大事な施設だと認識してくれない通信事業者

阿部:通信に話を戻しますと、NTT東日本はユーザーの状況を調査に来ました。ところが、誰が来たかというと、地元の新聞社に委託して、そこの記者が来たんです。

──はじめて伺いましたが、本当だとしたら、正直ショックです。

阿部:本当です。夏頃のことです。私は頭に来て、NTTに電話したんですよ。そうしたらすぐにNTTの担当者が来ました。

私は本当に頭に来てね、文句を言うとすぐに来る。だから、あの人達は苦情に対しては敏感に反応するけど、こちらがおとなしくしていると放っておくのかと、がっかりしてしまいました。

NTT東日本については、何が酷かったかというと、ネットが使えないわけですよ。今はもちろん復旧していますが。

──夏頃の時点では、まだ三陸の一部では復旧していないところもありました。集約するNTT局舎までは回線復旧した。実は政府機関の調査では夏前に回線復旧率90%超と言っているんですけど、それは基幹網の話で、そこから先の家庭なり事業所までのアクセスが全然間に合っていなかった。

阿部:それは経済性だけですよ。残りが数%だっていっても、そこに莫大な金が掛かるんなら、民間の会社がそんなに金を掛けるはずないんですから。そういうのは切り捨てられるだけです。

──それも、一般の家庭ならまだしも、市役所での話です。夏頃にはまだ市内各所に分散した拠点を結ぶ自治体LANがまだ復旧していませんでした。

阿部:それはあまりにもおかしい。例えば電気なんかは、東北電力が二日半で通してくれましたよ。水道は市役所が給水車を出してくれて、それで凌いだんですね。復旧も病院を優先してくれて、3月16日ごろには水道が使えた。

ガスは、ちょっと遅くて3月23日だったと思いますが、石巻ガスが頑張ってくれて、駐車場の端にタンクローリーを持ってきガス発生装置というのを作ってくれて、そこから管に入れて、仮復旧してくれたんですね。

それも、ここが重要な施設だという認識を、向こうがもってくれたから。ただ通信事業者はそういうのがない。

──今のお話を伺う限り、まったくないですね。

阿部:ないじゃないですか。あの人達、お金を儲けることしか考えていないと思われてもしかたがない。今回は、何と言われても、彼らに弁解の余地がない。それくらい怒っています。


1  2  3  4  5

クロサカタツヤ(くろさか・たつや)
株式会社企(くわだて)代表。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)在学中からインターネットビジネスの企画設計を手がける。三菱総合研究所にて情報通信事業のコンサルティング、次世代技術推進、国内外の政策調査・推進プロジェクトに従事。2007年1月に独立し、戦略立案・事業設計を中心としたコンサルティングや、経営戦略・資本政策・ M&Aなどのアドバイス、また政府系プロジェクトの支援等を提供している。

バックナンバー記事一覧