WWNトップ » 企業ニュース

企業ニュース

KDDI、韓国のCDN事業者のCDNetworksを子会社化

2011.10.12

KDDIは2011年10月12日、コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)サービスを提供する韓国のCDNetworksに出資し、連結子会社化することを発表した。2011年10月中に同社の発行する普通株式の85.5%を約1億6700万米ドル (約128億円) で取得する予定だ。

CDNetworks
201110121745-1.jpg

CDNetworksは、グローバル市場でCDN事業とデータセンター事業を提供する。本社は韓国ソウルで、売上高は2010年の実績で約9900万米ドル。世界31カ国70都市でCDNサービスを展開し、韓国のほか、日本、中国、米国、フランス、英国に営業拠点を持つ。CDNは、エンドユーザーに近い場所のサーバーにコンテンツを格納するなどの手法で、コンテンツ配信の高速化を実現するもの。コンテンツプロバイダーなどがスムーズで快適なサービスを提供する際に不可欠なものとなっている。

KDDIはCDNetworkに出資することで、コンテンツプロバイダーやインターネットサービス事業者に対して、KDDIの高品質なネットワークとCDNetworksのCDNを組み合わせたサービスを提供できるようになる。また、KDDIのモバイルプラットフォームにCDNを組み込んでモバイルのトラフィックを下げる狙いもある。


【報道発表資料】
韓国CDNetworksへの出資について


岩元 直久(いわもと・なおひさ)
日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。

バックナンバー記事一覧