WWNトップ » 企業ニュース

企業ニュース

iPhoneでも「おサイフケータイ」を実現?!、ソニーとフェリカネットワークスが新技術や新コンセプトを披露

2014.07.17

ソニーとフェリカネットワークスは2014年7月17日、FeliCaの最新技術や商品・サービスについての動向を発表した。NFCの標準規格に準拠した「次世代モバイルFeliCa ICチップ」や、液晶画面やBluetooth通信機能を備えた新コンセプトのICカード「インタラクティブ・FeliCaカード」を、今後提供していく。両社が渋谷ヒカリエで7月17日、18日に開催しているイベント「FeliCa Connect 2014」に合わせて発表した。

▼NFCフォーラムの標準規格に準拠した「次世代モバイルFeliCa ICチップ」の概要20140717_felica001.jpg

「次世代モバイルFeliCa ICチップ」は、2014年夏に量産を開始する。第3世代となるこのチップは、厚さ0.9mm、4.5mm角サイズで、現行品より面積比で40%以上の小型化を実現した。FeliCa対応サービスへの互換性と、NFCの標準規格に準拠を両立させたFeliCaチップで、さらにクレジットカードの標準仕様であるEMV仕様にも準拠している。モバイル機器に搭載することで、日本などで使われているFeliCaのサービスだけでなく、グローバルなサービスにも対応できるようになる。ICチップはソニー、サムスン電子、東芝が量産出荷する。

「インタラクティブ・FeliCaカード」は、2015年度の導入を目標とした新しいタイプの非接触ICカード。既存のカード2枚ほどの厚さに、電池、液晶画面、タッチユーザーインタフェース、Bluetooth通信機能などを搭載した。これにより、カード単体で残高や履歴を確認できるだけでなく、Bluetoothでスマートフォンと接続することで、おサイフケータイ以外のスマートフォンでも同等のサービスや機能を利用できるようになる。具体的に言えば、iPhoneでもFeliCa/NFCのサービスを利用できる。現時点ではコンセプトモデルの参考出品という位置づけだが、2015年度をメドとする導入までにビジネスモデルなどをパートナー企業と連携して構築していくという。

▼インタラクティブ・FeliCaカードは単体でも残高確認ができるほか、スマートフォンとBluetoothで連携して「おサイフケータイ」の各機能を利用できる20140717_felica002.jpg

このほか、「多機能カード」、「ウエアラブル端末向けラインアップの強化」も計画する。多機能カード向けのソリューションとしては、FeliCa方式に加えて、TypeA/TypeB方式、クレジットカードの標準仕様のEMV仕様(接触/非接触)に1チップで対応可能な多機能チップソリューションを2015年度内に商品化する計画だ。FeliCaとして使えるだけでなく、クレジットカードとしても使えるため、国内外の決済が1枚のカードで完結する。ウエアラブル端末向けのラインアップとしては、小型化・省電力化を進めたICチップの実現に取り組む。ウエアラブル端末だけで決済が完結する「お財布を身にまとう時代へ」の移行を推進する構えだ。こちらは2015年内の導入を目指す。


【報道発表資料】
新たなビジネスとライフスタイルの創出を目指して 非接触IC技術FeliCa(フェリカ)の最新技術・商品・サービスを披露


岩元 直久(いわもと・なおひさ)
日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。

関連タグ

インフラ サービス

バックナンバー記事一覧