WWNトップ » 世界の話題

世界の話題

中国ZTE、ノーテルのLTE関連特許取得に意欲 - 知財オークションへの参加を表明

2011.02.18

2009年に破産したカナダの通信機器メーカー、ノーテル(Nortel)の知的財産売却に伴うオークションに関し、中国のZTEは16日(現地時間)、ノーテルの持つ次世代ネットワーク技術「LTE」関連の特許取得に入札する意向であることを明らかにした。

ノーテルは2009年1月の破産申請後、各事業部や資産の売却を進めており、CDMA関連の主要事業を含む多くの資産がすでにエリクソン(Ericsson)に売却されていた。また光ネットワーク事業とキャリア・イーサネット事業はシエナ(Ciena Corp)に、エンタープライズ部門はアバイア(Avaya)にそれぞれ売却され、ノーテルは債権者への返済資金として32億ドルを手にしていた。

今回のオークションで、売却の対象となる特許権は約4000件にのぼるとされ、そのなかには3Gネットワークに代わる技術として注目されるLTE関連の特許権も含まれている。入札に意欲を示している企業としては、アップル(Apple)、グーグル(Google)、中国ファーウエイ(Huawei, 華為)、それにZTEなどの各社の名前が挙がっているという。

これらの特許の資産価値を「10億ドル以上」と見積もるアナリストがいる一方、入札を検討しているある企業の幹部の、「あまり大したものは残っていないだろう。業界の関係者は、競合が何かを得たり、特許ブローカーに後々邪魔されるのを避けたくてこのオークションに目をつけているだけ」というコメントもみられる。またReutersでは、資産価値の評価をめぐる意見の不一致から、オークション実施に遅れがでているとの関係者の話を紹介している。

ZTEによると、オークションはまだ初期段階で、結果が出るのは7月以降となる見込みという。同社は現在、LTEに関する世界の特許権の7%を所有しており、同社の知的財産部門は、この割合を10%に引き上げたいとしている。


【参照情報】
ZTE to bid on Nortel patents, Ericsson "watching" - Reuters
ZTE will bid for Nortel's LTE patents - Fierce Wireless
ノーテルの知的財産オークション、今月中にも第一候補指名か - WSJ報道
アップルやグーグルも虎視眈々 - 加ノーテルの知的財産は「宝の山」


平松波央、三国大洋(スタッフライター)

関連タグ

バックナンバー記事一覧