WWNトップ » 世界の話題

世界の話題

サムスン、アップルへの対決姿勢を鮮明に - 反訴の可能性も示唆

2011.04.20

アップル(Apple)が、自社の保有する特許権や商標権の侵害を主張してサムスン(Samsung)を訴えた問題で、サムスンは19日「われわれの知的財産を守るため、われわれに対してとられた法的行為に対し、適切な法的手段を通じて積極的に対応していく」とする声明を発表した。

Samsung Mobile Phones
201104190940-1.jpg

同社は韓国メディア「Yonhap」の取材に対し、アップルが同社の無線技術に関する特許権を侵害している可能性について言及したという。また同社のある幹部は「アップルは、サムスンが半導体や表示パネルを供給する主要な顧客のひとつだが、今回は強い姿勢で対応するしかない」と述べたという。

米国時間15日に出された訴えのなかで、アップルはサムスンが製造する「Galaxy」シリーズのスマートフォンやタブレット端末について、ハードウェアの形状や、アプリのアイコンをはじめとするUI、パッケージのデザインなどが「iPhone」や「iPad」の模倣にあたると主張している。スマートフォン市場でiPhoneと競合するAndroid陣営のなかでも、サムスンのGalaxyは、HTCやモトローラの製品と並んで高い人気を誇っている。またタブレット端末のGalaxy Tabは、大きな成長が期待される同市場でiPadに次ぐ売上を記録していることから、この市場でいまのところ圧倒的な優位を保つアップルにとってもサムスンは無視しがたい競争相手となっている。

一方、サムスンはアップルに対して、液晶パネルやNAND型フラッシュメモリ、携帯電話向けのプロセッサなど、iPhoneやiPadに使われる主要な部品を供給しており、サムスンにとってはアップルはソニーに次ぐ2番目の大口顧客でもある。アップルからの発注額は、サムスンの年間売上155兆ウォン(1420億ドル)の約4%を占めているという。

また、東日本大震災の影響でアップル製品に使われる一部の部品の調達に支障が生じているとされるなかで、アップルと主要な部品供給元であるサムスンとの関係がこじれることになれば、いまなお品薄が続くとされるiPad 2などの販売にも大きな影響が出かねないとGigaOMは指摘している。


【参照情報】
Here's What's Behind the Samsung/Apple Patent Showdown - GigaOM
Samsung vows counter-action over Apple patent suit - Yahoo News
アップル、サムスンを提訴 - 「Galaxy端末が、iPhoneやiPadにそっくり」と主張


平松波央、三国大洋 (スタッフライター)

関連タグ

制度・行政 端末

バックナンバー記事一覧