WWNトップ » 世界の話題

世界の話題

アップル、HTCを特許侵害で新たに提訴 - 米ITCに輸入禁止を請求

2011.07.12

201107120931-1.jpg

(cc) Image by Alan_D

アップルは米国時間8日、米国の国際貿易委員会(U.S. International Trade Commission:以下、ITC)に対し、同社の特許を侵害した疑いのあるHTC製品の輸入差し止めを求める2度目の訴えを行った。

今回の訴えの対象となっているのは、HTC製の「持ち運び可能な電子機器および関連ソフトウェア」で、「Droid」シリーズのスマートフォンやタブレット端末「HTC Flyer」が含まれる。ITCは今後30日以内に、アップルの訴えを調査するかどうかの決定を下すことになる。

アップルは昨年3月にも、ITCに対し、iPhoneで使用されているグラフィックデザインなどおよそ20種類の特許を侵害しているとして、HTC製品の輸入差し止めを求めていた。対象となった製品には、「Nexus One」などのAndroid端末に加え、Windows Mobile搭載の携帯端末も含まれていた。

これに対し、今年4月にはITCの不正輸入調査室(Office of Unfair Import Investigations:OUII)から、アップルの訴えを認めるべきでないとする意見が出されていた。この意見に法的拘束力はなく、第1回目の判決は8月5日まで下されないが、この訴えが認められないことを懸念したアップルが、対象となる特許をさらに追加して再度の訴えに出たのではないかと、All Things Digitalでは分析している。

HTCは今月に入って、画像処理技術の特許を保有しているS3グラフィクスを買収すると発表しており、GigaOMではこの買収がアップル、HTC間の法廷での争いに影響を及ぼす可能性を指摘している。

アップルは1週間前にもサムスン(Samsung)を相手取って同様の訴えを行っている。知財関連分野のアナリスト、フロリアン・ミューラー(Florian Mueller)氏によると、Android関連の訴訟はこれで48件目だという。アップルに加え、マイクロソフト(Microsoft)やオラクル(Oracle)もAndroidを採用する携帯電話メーカーやグーグル(Google)に対して訴訟を起こしており、これらの訴えが認められれば、ライセンス料無料を強みとするAndroidの勢いは失速しかねないと、GigaOMでは警告している。


【参照情報】
Apple keeps the pressure on HTC with new patent complaint - GigaOM
Apple Slaps HTC With Second ITC Complaint - All Things Digital
Apple seeks US ban on HTC device imports in new ITC complaint - The Next Web
Apple files second ITC complaint against HTC: better luck next time? - Foss Patents
HTC、S3グラフィクスを買収へ - 対アップル特許紛争で「強力な武器」入手
HTC、時価総額でノキアを上回る - スマートフォンへの対応で明暗
アップルがiPhoneの特許侵害でAndroid端末メーカーを提訴


平松波央、三国大洋 (スタッフライター)

関連タグ

制度・行政 端末

バックナンバー記事一覧