WWNトップ » 世界の話題

世界の話題

アップル対HTCの特許訴訟 - ITCがアップルの訴えを認める判断

2011.07.19

アップル(Apple)が、同社の特許を侵害したとしてHTC製品の輸入差し止めを求めていた問題で、米国国際貿易委員会(U.S. International Trade Commission:以下、ITC)のカール・チャーネスキー(Carl Charneski)行政法判事は米国時間15日、アップルの訴えを部分的に認める判決を下した。この判決はこの後、6人の委員からなる委員会によって審議され、最終的な判決が下されることになる。

今回の判決でHTCによる侵害が認められたのは、アップルが2010年3月に訴えを起こした際に対象としていた10種類の特許権のうち2種類で、マルチメディア処理関連技術ならびに電子メールの文中に表示された電話番号をクリックするだけで電話をかけられるようにするためのデータ検出技術に対するものという。

今回のITCの判断について、HTCでは控訴する考えを示しており、「あらゆる可能な手段をつかって自社を守る」とコメントしているという。

台湾ビヨンド・アセット・マネジメント(Beyond Asset Management Co)のマイケル・オン(Michael On)氏は、今回の判断について「10種類のうち8種類については特許権侵害が認められておらず、HTCにとって最悪のケースとはいえない」と分析している。ITCの最終的な判決によっては、HTC製品の米国への輸入が禁止される可能性もあるが、「おそらくライセンス料の支払いを通じて問題の決着をはかるだろう」と同氏は予想している。

アップルは、今回判決が下された訴えに加え、今月8日には5種類の特許権の侵害をめぐりHTCを相手取った訴えを起こしている。またHTCも、画像処理技術の特許を保有し、アップルを相手取った特許権訴訟で勝訴しているS3グラフィクスを買収するなど、巻き返しをはかっている。

現在アップルは、売り上げの50%をiPhoneから、また12%をiPadからあげている。同社は、HTCのほか、サムスン(Samsung)やモトローラ(Motorola)といった他のAndroid端末メーカーを相手取って同様の訴えを起こしているが、今回の判決がこれらの訴訟でも一定の基準となる可能性もある。


【参照情報】
ITC judge finds HTC in infringement of two Apple patents - FOSS Patents
Apple Wins Trade Agency Ruling on HTC Phones - Bloomberg
Apple Notches Patent Win Against HTC - WSJ.com
Apple wins initial patent victory against HTC - GigaOM
HTC、S3グラフィクスを買収へ - 対アップル特許紛争で「強力な武器」入手
アップル、HTCを特許侵害で新たに提訴 - 米ITCに輸入禁止を請求
アップルがiPhoneの特許侵害でAndroid端末メーカーを提訴


平松波央、三国大洋(スタッフライター)

関連タグ

バックナンバー記事一覧