WWNトップ » 世界の話題

世界の話題

グーグル、特許紛争関連でマイクロソフト、オラクル、アップルを名指しで批判 - Android防衛で「徹底抗戦」

2011.08.04

グーグル(Google)で法務担当の責任者(Chief Legal Officer)を務めるデビッド・デュラモンド(David Drummond)氏が米国時間3日、Androidを標的に特許関連のさまざまな動きをみせているマイクロソフト(Microsoft)、オラクル(Oracle)、アップル(Apple)などを名指しで非難するブログを公開し、さまざまな媒体で話題となっている。

Official Google Blog: When patents attack Android
201108041005-1.jpg

グーグルでは先週、やはり法務部門の幹部(General Counsel
)であるケント・ウォーカー(Kent Walker)氏が、現在各社の間で繰り広げられているスマートフォン関連の特許獲得競争について、この「軍拡競争」が技術革新の妨げとなり、ユーザーの不利益につながるとする発言していた。また同社のエリック・シュミット(Eric Schmidt)会長は先月、サムスン(Samsung)やHTC、モトローラ(Motorola)などを相手に特許訴訟を続けるアップルについて、「Androidの成功に嫉妬」した結果であり、またiPhoneには「革新的な技術が欠けている」ため、と述べていた。

デュラモンド氏は、「長年にわたって互いの喉元を狙い合ってきたマイクロソフトとアップルが同衾しているという異例の状況で、実際にどんなことが起こっているか」という書き出しで始まるこのブログのなかで、具体的には、ノーテルの6000件を超える特許がグーグルの手に渡らぬように売却オークションで手を組んだマイクロソフトとアップル、Androidスマートフォンのメーカー(サムスン)に対して1台あたり15ドルものライセンス使用料を要求しているとされるマイクロソフト、そしてJava関連の特許侵害で訴訟を起こしたオラクルの例を挙げている。また、ノベル(Novell)の特許売却をめぐる過去の例(やはりアップルやマイクロソフトらが獲得)についても言及している。

デュラモンド氏は、ひとつのスマートフォンに含まれる特許の数は最大で25万件にもなるとされるが、その多くは疑わしいものであるとした上で、アップルなどの各社はこれらの疑わしい特許に対する「税」の支払いを求めようとしている、と主張。さらに、そうした行為が端末メーカーにとってはAndroid採用をより困難にさせ、Android端末を選ぶ消費者にはより大きな負担を強いることにつながると述べ、「競合各社は新たな端末や機能を開発する代わりに、法廷闘争を通じて」Androidに対抗しようとしていると記している。

さらに同氏は、6月末に実施されたノーテルの特許売却オークションで、最終的な落札額が45億ドルに達したことに言及し、競合各社の反競争的な戦略が関連特許の価格を不当につり上げているとしつつ、米司法省が進めているとされる調査によりこの「特許バブル」も崩壊することになるとも述べている。

こうした競合の動きに対し、グーグルでは特許ポートフォリオの強化などを通じてAndroidに対する反競争的な脅威に対抗していくと同氏は述べているが、この話題を採り上げた複数のブログでは、知財に関して手薄とされるグーグルが具体的にどんな策を講じてくるかが注目されると指摘している。


【参照情報】
When patents attack Android - Google
Google lashes out at patent rivals, pledges to defend Android - GigaOM
Google Rips Into Microsoft, Apple, Oracle For "Bogus Patents" And Trying To "Strangle" Android - TechCrunch
Apple, Others Waging War on Android: Google - Bloomberg
Google Lawyer Says Patents Are 'Gumming Up' Innovation - Bloomberg
グーグル、IBMから1030件の特許を取得 - 米司法省はノーテル特許の使途に関心
マイクロソフト、サムスンにGalaxy端末1台あたり15ドルの特許料を要求(韓国紙報道)
グーグルのシュミット会長、アップルを「口撃」 - Android勢への訴訟は「嫉妬心」と「技術革新の欠如」から


三国大洋(スタッフライター)

関連タグ

制度・行政 端末

バックナンバー記事一覧