WWNトップ » 世界の話題

世界の話題

グーグルのモトローラ買収 - Android端末メーカー各社にとっての「損と得」

2011.08.17

Motorola Mobility
201108171251-1.jpg

米国で15日に発表されたグーグル(Google)によるモトローラ(Motorola Mobility)の買収に関して、OSの提供元であるグーグルがハードウェアの市場に参入することを、これまでパートナー関係を築いてきたAndroid陣営のメーカー各社がどう受け止めているか、あるいは各社にとっての「損得」はどうなのか、などについて、英米の主要な経済ニュースサイトが大きく取り扱っている。ここでは、代表的な3媒体--Wall Street Journal(WSJ.com)、Bloomberg、Financial Times(FT.com)から、関連する事柄を拾っていく。

なお、3媒体とも対象としているのは、いわゆるスマートフォンのグローバル8大メーカーのうち、アップル(Apple)、ノキア(Nokia)、リサーチ・イン・モーション(RIM)を除く5社で、これに中国のファーウェイ(Huawei Technology)とZTE、これにタブレット市場のプレーヤーであるエイサー(Acer)、レノボ(Lenovo)、アスース(Asus)、さらにはモトローラのアウトソース先であるフォクスコン(Foxconn)に言及している例などもある。

まず各媒体が共通して指摘しているのは、「Androidのエコシステムをほぼこれまで通りの形で維持していく」というグーグルのラリー・ペイジ(Larry Page)CEOの公約を、同陣営(Open Handset Appliance=OHA参加各社)が前向きに受け止めている、という点。いずれの媒体も、前日に出された関係各社幹部のコメント("Facts about Google's acquisition of Motorola")を引用もしくは下敷きにする形で「それぞれの反応」として採り上げているが、これらの前向きな反応については「グーグルがモトローラから取得した無線通信関連などの特許を、端末メーカー各社にクロスライセンスしてくれれば、各社としてもアップルやマイクロソフトに対する特許分野での戦いで大いに役に立つ」というプラスの可能性が、「(少なくともいまのところは)市場での力が比較的の弱いモトローラからの潜在的脅威」というマイナスの可能性を上回る、という見方が土台になっている。

この見方を裏付けるものとして、FT.comでは16日の株式市場の反応を紹介。それによると、グーグルによる発表後、サムスンの株価は6.1%、またHTCの株価も3.1%上昇したという。

モトローラは、お膝元の北米スマートフォンメーカー市場でこそなんとかふた桁(11%=ニールセン調べ、2011年第2四半期)をシェアを保っているだが、グローバル市場では第8位(シェア2.4%、ガートナー調べ/Bloomberg記事より) にとどまっており、そのことが今回の買収話では却ってプラスに働く、といえるかもしれない。

いっぽう、グーグルが傘下に入ったモトローラを「特別待遇」するのではないか、という疑念については、Bloombergが("Google Threatens Samsung-Led Handset Makers"と題する記事中で)「Android陣営はいまのところ、表向きこそ幸せな大家族を装っているが、現実はまったく異なるものになろう。万が一モトローラが『最恵国待遇』を得ることになれば、それに実態があろうとなかろうと、同社が有利な立場にたつ」というロドマン&レンショウ(Rodman & Renshaw)アナリストのアショク・クマー(Ashok Kumar)氏のコメントを引用。

また同記事では、「これまでパートナーの関係にあったグーグルが競争相手になることは、Android陣営のメーカー各社にとっては、悪夢のシナリオだ」とするガートナーのアナリスト、マイケル・グーテンバーグ(Michael Gartenberg)氏の見方を紹介し、「この買収でモトローラを優遇しようという考えがグーグルでは働く」(同氏)と記している。

対照的に、FT.comでは「一部の市場では、われわれは引き続きモトローラと競合関係にしていくことになるが、ただし同社がわれわれよりも強力でより大きな競争相手になったことはない」というLGのコメントを引用、さらに野村證券アナリストのアーロン・ジェン(Aaron Jeng)氏の「たとえグーグルがモトローラをひいきしたとしても、かならずしもモトローラの製品が市場で成功するとは限らない」との見方を紹介。同氏はその例として、モトローラが今年投入した「XOOM」の売れ行きが「きわめてひどい」ことを挙げている。グーグルは、タブレット向けに最適化したAndroid OS ver. 3.0(「Honeycomb」)を、他社に先駈けてモトローラに提供していた。


中村航、三国大洋(スタッフライター)

関連タグ

端末

バックナンバー記事一覧