WWNトップ » 世界の話題

世界の話題

スマートフォンアプリのダウンロード数、AndroidがiOSを上回る(米調査会社)

2011.10.26

米市場調査会社ABIリサーチ(ABI Research)が発表したレポートによると、2011年第3四半期にダウンロードされたスマートフォン向けアプリのシェアで、Androidアプリが全体の44%を占め、iOSアプリの31%を抜いてトップになったという。

この理由について、ABIリサーチではAndroid端末の増加を挙げている。グーグルのAndroid部門責任者、アンディ・ルービン(Andy Rubin)氏は先ごろ、Android端末の累計台数が約1億9000万台に達し、1日あたりの登録台数も約60万台まで増加したと述べていた。ABIリサーチの調べでは、Android端末の出荷台数シェアは今年第1四半期の20%から第2四半期には36%まで増加。それに対し、iPhoneの出荷台数は15%から9%に低下したという。

ただし、端末1台あたりのアプリダウンロード数ではいまだにiOSのほうが多く、Android端末の約2倍となっているほか、iOSユーザーのほうが有料アプリをダウンロードする傾向も引き続き目立つという。

なお、2011年の全世界におけるアプリダウンロード数については年間290億回で、2010年の90億回から3倍以上に増加すると、ABIリサーチでは見込んでいるという。

201110261950.jpg
[出典:VentureBeat ]

【参照情報】
Android leads iOS in mobile app downloads - VentureBeat
Google's Android Passes Apple to Become Smartphone Application Leader - Bloomberg


梅田志桜里、三国大洋(スタッフライター)

関連タグ

バックナンバー記事一覧