WWNトップ » 世界の話題

世界の話題

サムスン対アップルのiPhone 4S関連訴訟、仏法廷はサムスンの訴えを却下

2011.12.09

201112090931-1.jpg

(cc) Image by Clément Chéné

サムスン(Samsung)がアップル(Apple)の最新型スマートフォン「iPhone 4S」の販売差し止めを求めてフランスで訴えを起こしていた裁判で、現地時間8日にこの訴えを退ける判断が下された。

サムスンは、iPhone 4Sで使用されている無線関連の技術が、自社の保有するW-CDMA通信方式関連の特許2件の無断使用にあたると主張、同端末が発表された翌日の10月5日にフランスとイタリアで、また同月17日には日本およびオーストラリアで、同端末の販売差し止めを求める訴えを起こしていた。

今回の判決で、パリ大審院(Tribunal de Grande Instance de Paris )は、サムスンの訴えを「不相応な訴え」として退け、さらに同社にアップル側の裁判費用10万ユーロ(13万3900ドル)を負担するよう命じたという。イタリアでもすでにサムスンの訴えは却下されており、今回の判決が追い打ちをかける格好となった。

なお、知財分野に詳しいコンサルタントのフローリアン・ミューラー(Florian Mueller )氏は自らのFOSS Patentsブログ記事のなかで、「フランスでの訴訟に関する限り、サムスンの動きはひどい失敗に終わった」とし、3G関連のいわゆる「FRAND」特許侵害を根拠に訴えを起こしている「サムスンの戦略には根本的な欠陥がある」との見方を示している。


【参照情報】
French court rejects iPhone 4S ban, orders Samsung to pay part of Apple's legal costs - TNW
French court denies Samsung request for iPhone 4S ban - Reuters
Samsung Loses Bid to Ban iPhone 4S in France - AllThingsD
French court denies Samsung request for iPhone 4S ban -- UPDATED with copy and analysis of decision - FOSS Patents

サムスン、アップルへの反攻開始へ - 仏、伊で「iPhone 4S」発売停止を求める訴え
サムスン、アップルに逆襲- 日本、豪で「iPhone 4S」の販売差し止め請求
サムスン対アップルの特許訴訟 - 米連邦地裁、アップルの訴えを却下

サムスンが、日本とオーストラリア(豪)の裁判所に「iPhone 4S」の販売差し止めを求めて訴えた件に関する記事はこちら

いっぽう、日本での訴えについては、豪の場合に比べて「不明な部分が多い」とし、FRANDに分類されるものでないため、可能性がなくはないと指摘している。

サムスン、アップルに逆襲- 日本、豪で「iPhone 4S」の販売差し止め請求

平松波央、三国大洋 (スタッフライター)

関連タグ

制度・行政 端末

バックナンバー記事一覧