WWNトップ » 世界の話題

世界の話題

独法廷、アップルによる「Galaxy」端末販売仮差し止め請求を却下

2012.02.02

201109060931-1.jpg

(cc) Image by Christian Allinger

ドイツのミュンヘン地方裁判所は現地時間1日、サムスン(Samsung)製のタブレット端末「Galaxy Tab 10.1N」やスマートフォン「Galaxy Nexus」の販売仮差し止めを求めてアップル(Apple)が起こしていた訴えを退ける判決を下した。

今回の判決のなかで、同地裁のアンドレアス・ミューラー(Andreas Mueller)判事は、「知的財産の保護を求めて特許の申請手続きが行われる前に市場に出回っていた技術によって、当該特許が無効とされる可能性が高いことをサムスンは示した」と説明している。

ドイツにおける両社間の特許関連訴訟では、昨年8月にデュッセルドルフ地方裁判所でアップル側の主張を認め、サムスンにオリジナル「Galaxy Tab 10.1」の販売仮差し止めを命じる判断が下されていた。これに対し、サムスンは11月に、特許侵害とされた箇所に修正を加えた「Galaxy Tab 10.1N」を新たに発表。だが、アップルはその後、自社で保有するタッチスクリーン技術関連の特許権が侵害されているとして、「Galaxy Tab 10.1N」「Galaxy Nexus」と対象とする新たな訴えを起こしていた。今回却下されたアップルの訴えは、このタッチスクリーン技術関連の特許についてのもの。

この前日の31日には、デュッセルドルフ控訴裁判所が、オリジナル版「Galaxy Tab 10.1」の販売差し止めを命じた同地方裁判所の判決を支持する判断を下していた。

これとは別に、欧州委員会は同日、必須標準特許の侵害を理由にアップルなどを訴えるサムスンへの調査を開始したことを明らかにしていた。


【参照情報】
Apple Loses German Court Bid to Ban Samsung Galaxy Tab 10.1N, Nexus Phone - Bloomberg
Apple denied Galaxy Tab 10.1N ban in Germany - GigaOM
Munich court denies Apple an injunction against the Galaxy Tab 10.1N and Galaxy Nexus - Fos Patents
独法廷、サムスンに「Galaxy Tab 10.1」販売の仮差し止め命令 - アップルとの特許紛争で
サムスン、独市場向けに「Galaxy Tab 10.1N」発表 - デザイン変更で仕切り直し
欧州委員会、サムスンを本格調査へ - 「FRAND」特許濫用の疑いで

一方、サムスンがいわゆる「必須標準特許」の侵害を理由にアップルなどの競合他社を訴えていることが、支配的な立場の濫用を禁じたEU条約の規定に触れる可能性があるという記事はこちら

「必須標準特許」は、標準化団体から「公平で妥当かつ差別のない」(Fair, Reasonable and Nondiscriminatory:FRAND)やり方で他社へのライセンス提供を行うことが求められているもの。

欧州委員会、サムスンを本格調査へ - 「FRAND」特許濫用の疑いで

平松波央、三国大洋 (スタッフライター)

関連タグ

制度・行政 端末

バックナンバー記事一覧