WWNトップ » 世界の話題

世界の話題

アップル、ドイツでモトローラに勝訴 - 画面ロックの解除方法をめぐる特許訴訟で

2012.02.17

アップル(Apple)が特許権の侵害を理由にモトローラ(Motorola Mobility)を訴えていた訴訟で、ドイツのミュンヘン地方裁判所は現地時間16日、アップルの主張を認める判決を下した。この結果アップルにはモトローラ製のスマートフォン2機種について、ドイツにおける販売差し止め命令を実施に移す権限が与えられた。

問題となったモトローラ製スマートフォンでは、画面上で指をスライドさせてロックを解除する技術が使用されている。アップルは、iOS搭載端末でも採用されているこのロック解除方法が、同社がヨーロッパで保有する特許権の侵害にあたると主張していた。

今回の訴訟では、モトローラ製の2種類のスマートフォンについて、特許権の侵害が認められた。しかし、今回の判決の対象となった3種類の端末のうち、指を円状に動かしてロックを解除するタブレット端末「Xoom」については、特許権の侵害は認められなかった。

この判決は、ドイツにおけるアップル、モトローラ両社間の一連の訴訟において、アップルが勝訴した初めての判決となる。ドイツのマンハイム裁判所では、モトローラが特許権侵害を理由にアップルを提訴した訴訟の判決が3度にわたって下されているが、そのうち2回はモトローラが勝訴している。これを受けてドイツのオンラインアップルストアでは、一部のiPhoneおよびiPad端末の販売が一時的に停止される事態に陥った。

指をスライドさせてロックを解除する技術は、現在多くのAndroid端末で使用されている。また数日前にはEU当局が、グーグル(Google)によるモトローラの買収を承認すると発表していた。この買収が成立すれば、モトローラが保有する特許ポートフォリオはグーグルの手に渡り、アップルをはじめとする競合他社との訴訟合戦から、Android陣営を守る手段として使用されるとみられている。


【参照情報】
Apple wins "slide to unlock" patent clash against Motorola - Venture Beat
Apple Gets Partial Win Against Motorola Mobility in Germany - Bloomberg
Apple wins German injunction against most of Motorola's slide-to-unlock implementations - Foss Patents
モトローラ、アップルを米国で新たに提訴 - 無線通信関連などの特許侵害で
アップル、ドイツで一時製品販売停止の事態に - 対モトローラ特許訴訟、iCloudにも影響
アップル、モトローラを米国で新たに提訴 - クアルコム特許をめぐって
グーグルのモトローラ買収、欧州当局が承認 - 特許濫用の懸念にクギ


平松波央、三国大洋(スタッフライター)

関連タグ

バックナンバー記事一覧