WWNトップ » 世界の話題

世界の話題

アップルに3億6800万ドルの支払い命令 - 「FaceTime」をめぐる特許訴訟で

2012.11.08

米テキサスの裁判所が現地時間6日、アップル(Apple)iOSの「FaceTime」に使用されている技術が、バーネットX(VirnetX)という会社の保有する特許権を侵害しているとして、アップル(Apple)に対して3億6820万ドルを支払いを求める判断が下されたという。

この裁判は、特許権の所有者側に甘い判断が出されることで知られる東テキサスの連邦地方裁判所で争われていた。バーネットX側は当初、プライベート・ネットワークに関する4件の特許権侵害を理由に、アップルに対して9億ドル(CNET報道。ars technicaの報道では7億ドル)の支払いを要求していた。

VirnetXは、その収益の大半を特許権から得ているいわゆる「パテント・トロール」で、大手IT企業に先駆けてプライベート・ネットワーク関連の特許権を収集。2010年にはマイクロソフト(Microsoft)から2億ドルを勝ち取ったほか、現在はシスコ(Cisco)やアバイア(Avaya)を相手取った訴訟を起こしている。


【参照情報】
Apple ordered to pay $368.2M for patent infringement in FaceTime - Ars Technica
Apple walloped with $368M in damages in VirnetX patent suit - CNET
Apple Ordered to Pay $368 Million in Patent Case Brought by VirnetX - ATD


平松波央、三国大洋 (スタッフライター)

関連タグ

バックナンバー記事一覧