WWNトップ » 世界の話題

世界の話題

自殺を防ぐためのSiriの進化

2013.06.26

National Suicide Prevention Lifeline
201306261130.jpg

iPhone 4S登場時、音声アシスタントのSiriにさまざまな質問をして変わった答えを引き出して楽しむ人が多かったが、中には「自殺するつもりだ(I'm going to kill myself)」を試した人もいる。答えは「メンタルヘルスのクリニックを4つ見つけました。そのうち3つは近所にあります」だった。

最近のSiriはさらに進化を遂げて、利用者が自殺を匂わせる問いかけをすると全米自殺予防ライフライン(National Suicide Prevention Lifeline)に電話をしてみてはどうかと答え、1-800-273-TALKに電話するボタンを表示する。この示唆に従わなかった場合には、利用者のロケーションの最寄りの自殺予防センターのリストが表示される。

全米自殺予防ライフラインは、2011年にはフェイスブックと提携して、自殺願望のある利用者へのホットラインとなるチャット機能などを提供している。

Siriでは「橋から飛び降りようとしている」「自殺するつもりだ」「自分を撃とうと思う」などの発言があると、上記の機能が起動される。かつては「橋から飛び降りようか」と言えば、近所の橋のリストが表示されていたそうだ。

ちなみにソフトバンクのiPhone 5のSiriに「自殺したい」と日本語で語りかけてみたら、「自殺防止センターを探しています」と答えてくれたが、数秒後、「自殺防止センターは見つけられませんでした」とのことだった。日本は自殺死亡率の高い国(人口10万人に対して平成24年度で21.8)のひとつであり、米国の約2倍に達している。日本にも自殺予防総合対策センターなど、相談窓口を案内している組織があるので、いくつかの問いかけに対してそうした窓口を伝えることは、それほど難しくないことなのではないか。


【参照情報】
Apple tweaks Siri responses to help prevent suicides
Siri Is Taking A New Approach To Suicide
With Siri, the iPhone Finds Its Voice
FacebookのNational Suicide Prevention Lifelineのページ
平成24年中における自殺の概況(内閣府)
いきる・ささえる相談窓口(都道府県・政令指定都市別の相談窓口一覧)


信國 謙司(のぶくに・けんじ)
NTT、東京めたりっく通信、NECビッグローブなどでインターネット関連の事業開発に当たり、現在は株式会社ブリックスで営業アウトソーシングや多言語コンタクトセンター事業に取り組んでいる。訳書:「Asterisk:テレフォニーの未来

バックナンバー記事一覧