WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ファーウェイがAIプロジェクトでシューベルトの未完成曲を完成 ほか

2019.02.15

イスラエル政府、400万ドル規模の環境技術イノベーションラボを設立 ほか

2019.02.15

自社サービス専用のIoTボタンを手軽に開発可能に、ソラコムがボタン型デバイス

2019.02.15

小学生が本格的なプログラミングを学ぶ際の障壁を取り除くためのキーボード

2019.02.13

VRで創る「夢の世界」~シミュレーションで安全・安心な社会を~

2019.01.17

教育から探るイスラエルの強さの秘密(4) ラビ・アキバの物語 その2

2019.02.13

2019年、Googleの"戦略級AI"はどこまで進んだか(そしてなにができないか)

2019.02.12

一般公道で5Gを使った自動運転の実証、アイサンテクノロジー、KDDIなどが実施

2019.02.08

第4回 グローバル市場での通信運用自動化の動向(2)

2019.02.07

エコフレンドリーな技術でグローバルなファッション業界に関わるイスラエル ほか

2019.02.07

和力発想事典01「動き」

2019.02.06

顔認識技術の中国Megvii、スマート物流分野に参入 ほか

2019.02.06

さっぽろ雪まつりの世界を東京で体感、ドコモが5Gで360度8K3D60fpsVRライブ配信

2019.02.05

コンデナスト、ファッション業界のエグゼグティブ向けに「Vogue Business」をリリース ほか

2019.02.04

未来へ起動する装置のスイッチを押す首長(秋田県仙北市 市長 門脇光浩)- 日本を変える創生する未来「人」その1

2019.02.03

地域を動かし日本を変えるすごい人 - 連載「創生する未来『人』」によせて

2019.02.03

中国EVメーカーBJEV、バイドゥとサイバーセキュリティ共同研究所を開設 ほか

2019.02.01

IoT機器に組み込める小型チップ型SIM、IIJがフルMVNOで提供

2019.02.01

A-2 必要なのは「教科書」ではなく「副読本」である

2019.02.01

B-1「女帝の時代」をみれば現代の日本がわかる

2019.02.01

A-3 会社は「律令国家」とおなじ仕組みで動いている

2019.02.01

A-1 日本の学校教育はなぜ身に沁みないのか

2019.02.01

米国の増加するフリーランサー、過去5年で7%増 ほか

2019.01.31

イスラエル、イノベーション番付で5位に上昇。日本は9位にランクイン ほか

2019.01.31

厚生労働省の「毎月勤労統計」問題をITガバナンスの観点から検討(4)

2019.01.31

厚生労働省の「毎月勤労統計」問題をITガバナンスの観点から検討(3)

2019.01.30

車両間で1ミリ秒以下の低遅延通信に成功、ソフトバンクが5G無線方式で

2019.01.30

ドローン、IoT、AI、ICT 秋田・仙北市に可能性を見出した先進メーカー -「第2回仙北インパクトチャレンジ」より(後編)

2019.01.29

AIによる意思決定のブラックボックス解明を目指すFiddler Labs ほか

2019.01.29

厚生労働省の「毎月勤労統計」問題をITガバナンスの観点から検討(2)

2019.01.29

自動運転から車内のセンシングや環境改善まで 「オートモーティブ ワールド 2019」レポート

2019.01.28

厚生労働省の「毎月勤労統計」問題をITガバナンスの観点から検討(1)

2019.01.28

厚生労働省の「毎月勤労統計」問題はIT業界の縮図

2019.01.28

イスラエルでの投資・提携の促進を狙う楽天 ほか

2019.01.25

IoT人材を子どものうちに育てる--ソフトバンクが学習キットを提供

2019.01.25

IKEAのキッチンで調理や掃除を学ぶロボット ほか

2019.01.23

IoTを使った保育園の昼寝の見守りサービス、藤枝市の認可保育園など10カ所で採用

2019.01.22

「CES2019」で披露された驚くべきイスラエルガジェット ほか

2019.01.18

テスラ、「Model 3」ハッキングに成功したハッカーに同車をプレゼントへ ほか

2019.01.18

日本人の感度の高さは、それをコントロールする「技術」を併せ持つことで競争力に転化する - 創生する未来の舞台裏(創生する未来理事 三宅創太)

2019.01.17

データから導き出す地域課題―和歌山県が目指す「個人の経験や勘」に頼らない活性化

2018.06.25

新着順に読む