WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

LATEST NEWS

ロックダウン中に人気回復したイギリスのテレビ局

前々回にご紹介したように、イギリスではロックダウン中に、ストリーミング・サービスが大躍進したわけですが、地上波テレビのオンデマンド・サービスや通常放送も、息を吹き返しています。 イギリス通信庁(Ofcom)の調査では、B […]

2020.08.26

新型コロナでDisney+が一人勝ちか?

前回の記事では、新型コロナでのロックダウン中のイギリスでストリーミング・サービスが大人気になった件を取り上げました。 この流れはイギリスもアメリカと同じなわけですが、ストリーミング・サブスクリプション自体の増加において予 […]

2020.08.24

イギリスではロックダウンでストリーミングが大人気に

コロナ騒動でメディアのあり方が激変しているわけですが、イギリスで最も大きな影響があったのがストリーミング業界で、今後のコンテンツ消費の方向性を大きく変えるとみられます。 前々回にご紹介したイギリス通信庁の最新調査では、コ […]

2020.08.22

ネットのノイズの多さをビジネスチャンスに変える

前回の記事では、イギリスではソーシャルメディアがニュースソースとしてユーザーの信頼を失いつつあり、伝統的なメディアの価値が高まってきているというイギリス通信庁(Ofcom)の最新調査を紹介しました。 この調査結果は、在宅 […]

2020.08.21

ポストコロナ時代は伝統的なメディアが復活する

ソーシャルメディアの重要性がますます高まっているような印象を受けますが、イギリスを始めとして欧州では、むしろソーシャルメディアを情報プラットフォームとして使うことに疑いを抱くユーザーが増えています。 イギリス通信庁(Of […]

2020.08.21

東京と静岡県東部6地点を結んだオンラインイベントで見えた「移住」の形

御殿場駅前には、2012年に閉館した映画館「マウント劇場」がある。ここは今、宿泊施設として生まれ変わろうとしている。将来は、映画館としての機能も復活させ、泊まって映画が観られる宿とする計画だ。 7月29日夜、東京大手町と […]

2020.07.30

グローバリズムから「インターローカリズム」へ

2020年1月より世界中に拡散したといわれる新型コロナウイルスと、それに端を発するパンデミック現象は、半年経った今でも世界中を席巻している。この新型コロナウイルスという存在そのものや、その危険性についてはまだよく分かっていない部分も多い。その中でWHO(世界保健機関)によって早々と出されたパンデミック宣言や、世界各地で都市封鎖が行われたことで様々な影響が現れている。

2020.07.04

1976年にすべてがある ウイスキーと酒場の寓話(30)

まだ酒が飲める年齢ではなかったが、1976年は私にとっては特別な年である。何が特別なのかというと、その後の音楽遍歴に決定的な影響を及ぼすことになる節目の年だからである。ざっと、1976年のアルバムや曲とそれにまつわる話を […]

2020.07.02

競馬とウイスキーとくれば、、、。 ウイスキーと酒場の寓話(27)

今年も日本ダービー(正式名称は東京優駿)が終わった。新型コロナウイルスのため無観客でのダービーとなったが、1番人気のコントレイル(飛行機雲の意)が、父のディープインパクトと同じく「無敗のダービー馬」となった。皐月賞とダー […]

2020.06.01

名ドラマーの訃報からアナログを再発見 ウイスキーと酒場の寓話(26)

ジャズドラマーのジミー・コブが91歳で亡くなった。マイルス・デイヴィスの傑作「Kind of Blue」(1959年)のドラムというだけでレジェンドだ。 さっと出てくるこのCDを聴きつつ、所有しているCDとLPの中から彼 […]

2020.06.01

ARCHIVES