WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

野球 選手 観戦 イメージ
図書館 ヘッドホン 書籍 イメージ
マーベル マイティ・ソー イメージ

LATEST NEWS

コロナ禍でバーチャルツーリズムは流行するか

新型コロナウイルスのパンデミックは、会議から授業、診療、飲み会、ライブやお見合いまで、あらゆるもののオンライン化を促してきた。しかし、このようなオンライン化と相容れないと感じられるものの一つに「旅行」がある。

2020.11.27

MLBが5Gを活用したワールドシリーズ関連コンテンツを提供(他2本)

台湾のInventec、自社工場にローカル5G網を配備【Light Reading 10/21】 台湾のEMS(電子機器の受託製造サービス)大手のインヴェンテック(Inventec)は現地時間10月21日、イスラエルのA […]

2020.10.29

ポストコロナのユーザー獲得戦略

前回のコラムでは、スタートアップの多くは思った以上にユーザーの固定概念に捕らわれており、ポストコロナの時代にはユーザー獲得戦略の見直しをするべきではないだろうかと述べました。 では、具体的にはどのように戦略を変えていくべ […]

2020.09.25

コロナ禍でユーザー獲得戦略の見直し

コロナ禍で驚いたことの一つが、 ユーザーに新しいデジタルサービスを使ってもらうのに最も大きなハードルが、ユーザビリティや技術的な話ではなくて、 「ユーザーが自分にとっての利点を理解していなかった」ということです。 例えば […]

2020.09.24

ロックダウン中に人気回復したイギリスのテレビ局

前々回にご紹介したように、イギリスではロックダウン中に、ストリーミング・サービスが大躍進したわけですが、地上波テレビのオンデマンド・サービスや通常放送も、息を吹き返しています。 イギリス通信庁(Ofcom)の調査では、B […]

2020.08.26

新型コロナでDisney+が一人勝ちか?

前回の記事では、新型コロナでのロックダウン中のイギリスでストリーミング・サービスが大人気になった件を取り上げました。 この流れはイギリスもアメリカと同じなわけですが、ストリーミング・サブスクリプション自体の増加において予 […]

2020.08.24

イギリスではロックダウンでストリーミングが大人気に

コロナ騒動でメディアのあり方が激変しているわけですが、イギリスで最も大きな影響があったのがストリーミング業界で、今後のコンテンツ消費の方向性を大きく変えるとみられます。 前々回にご紹介したイギリス通信庁の最新調査では、コ […]

2020.08.22

ネットのノイズの多さをビジネスチャンスに変える

前回の記事では、イギリスではソーシャルメディアがニュースソースとしてユーザーの信頼を失いつつあり、伝統的なメディアの価値が高まってきているというイギリス通信庁(Ofcom)の最新調査を紹介しました。 この調査結果は、在宅 […]

2020.08.21

ポストコロナ時代は伝統的なメディアが復活する

ソーシャルメディアの重要性がますます高まっているような印象を受けますが、イギリスを始めとして欧州では、むしろソーシャルメディアを情報プラットフォームとして使うことに疑いを抱くユーザーが増えています。 イギリス通信庁(Of […]

2020.08.21

東京と静岡県東部6地点を結んだオンラインイベントで見えた「移住」の形

御殿場駅前には、2012年に閉館した映画館「マウント劇場」がある。ここは今、宿泊施設として生まれ変わろうとしている。将来は、映画館としての機能も復活させ、泊まって映画が観られる宿とする計画だ。 7月29日夜、東京大手町と […]

2020.07.30

ARCHIVES