WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

LATEST NEWS

IDのデフォルト設定値とEquifax情報漏洩の意味

米国の大手信用情報会社Equifax社から1億4300人分の個人情報が漏洩した事件では、氏名や社会保障番号、生年月日、住所、一部の運転免許証番号、さらに20万9,000件近くのクレジットカード番号が流出したとされている。

2017.11.14

子供向けスマートウォッチのセキュリティリスク

ノルウェー消費者委員会とセキュリティー会社の「Mnemonic」が子供向けスマートウォッチをテストした結果、セキュリティー上の問題が発見されたとレポートしており、これを受けて米国でも消費者団体などがFTC(連邦取引委員会)に調査を依頼している。

2017.10.27

Nok Nok Labsが富士通とのグローバルレベルの業務提携を発表、日本市場におけるFIDO認証の普及を加速

2017年6月15日 AsiaNet 68744 【パロアルト(米カリフォルニア州)2017年6月15日PR Newswire】 *日本のテクノロジー市場リーダーがNok Nok Labsの認証ソリューションを、その世界 […]

2017.06.16

より健康に、より幸せに IoTがもたらすデンマーク医療・福祉の未来

IoTが人々の生活に役立つシステムとなり、より良い暮らしを実現するには、社会にどのように広がっていけばよいのか──高福祉国家デンマークで進む、個人情報の蓄積・ネットワーク基盤の整備と、医療・福祉分野のIoTへの仕組みから、そのヒントが見えてくる。

2017.05.18

データプライバシーの未来を見つめて

今回の座談は、当初1時間程度だった予定が、結果として3時間近くにも及び、その内容は紙幅の都合で大幅に割愛せざるを得ませんでした。それでも1万字近い記事となったことからも、いかにパネリストの皆様が「熱い思い」をお持ちだったか、お察しいただけるのではないでしょうか。

2016.06.16

新しい世代がデータプライバシーを切り拓く(3)AI時代のデータプライバシーを考えよう

プライバシーとパーソナルデータをめぐる現状について若手エキスパートに語っていただいた。

2016.06.09

新しい世代がデータプライバシーを切り拓く(2)本物のプライバシーポリシーを作ろう

(1)に引き続き、プライバシーとパーソナルデータをめぐる現状について若手エキスパートに語っていただいた。

2016.06.08

新しい世代がデータプライバシーを切り拓く(1)なぜプライバシーの議論は分かりにくいのか

改正法の精神や具体的な定義は、いまだ十分に理解されているとは言えず、また理解のための整備もまだ途上にある。こうしたギャップを、現場の第一線で活躍する若手エキスパートは、どう受け止めているのか。

2016.06.07

子供のサイバー・セーフティー

アメリカの非営利団体、Center for Cyber Safety and Education(フロリダ州クリアウォーター)が、小学4年生から8年生までを対象に行った調査結果を公表している。

2016.06.03

ガジェットやデバイスを電磁波で識別する:EM-ID

ディズニー・リサーチが開発したEM-IDは、デバイスやガジェットが発する電磁波を調べて、機種などを識別する技術。同じ種類の機器の間の違いまで識別できるという、電磁(Electro-Magnetic)のID(entification)技術である。

2016.05.27

ARCHIVES