WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

LATEST NEWS

カナダとフランス、AI技術の影響を研究する政府間パネルを設置へ ほか

カナダとフランス、AI技術の影響を研究する政府間パネルを設置へ【WIRED】 フランス政府とカナダ政府はカナダ時間12月6日、AI技術がもたらすグローバルな変化を調査し、対応するための新たな政府間パネルを設置する計画を発 […]

2018.12.12

第3回 グローバル市場での通信運用自動化の動向(1)

「海外の通信事業者は運用の自動化に積極的なのか?」と問われると、私はいつも「はい」と答えています。ベンダーは営業の一環として、世の中のトレンドを大げさに強調することもありますが、自動化に関しては既に通信事業者も様々なアピールを行っています。

2018.12.11

NovaVision CEO「AIは中国の医療格差を是正する」 ほか

クアルコム、AIスタートアップ投資に1億ドル規模のファンドを設立【Reuters】 クアルコムは米国時間11月28日、AI技術に携わるスタートアップへの投資にフォーカスする1億ドル規模のファンド設立を発表。新たなファンド […]

2018.12.06

LIFULLが不動産会社の広告施策提案にAIを活用、コンバージョン率が3倍に

不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」をはじめとした不動産情報サービス事業を提供するLIFULLは、データ活用に人工知能(AI)を利用し、新しい価値の創出を目指す。その第一弾としてマーケティング施策の最適化で成果が上がっている

2018.12.05

ラスベガス、AIによる道路安全パイロットプログラムで事故がおよそ20%減少 ほか

アップル、プライバシーにフォーカスした米AIベンチャーのSilk Labsを買収(The Infomation報道)【Cnet】 アップルが、オンデバイスのAIソフトウェアを開発する米シルクラボ(Silk Labs)を密 […]

2018.11.30

中国新華社、AIニュースキャスターを披露 ほか

中国新華社、AIニュースキャスターを披露【BBC】 中国の国営通信社である新華社通信は先ごろ、中国検索エンジン大手のSogou(捜狗)と共同開発したバーチャル・ニュースキャスターを披露。英語版・中国語版の2人の「AIキャ […]

2018.11.21

第2回 通信事業者の「テクニカルサポート自動化」の実例

今回はTupl(トゥプル)が商用ソリューションとして実現している自動化の実例を紹介します。読者の皆さんが必ずしも通信業界に在籍しているわけではないので、この自社事例から少しでも通信事業者の運用業務やその自動化の具体的イメージをつかんでもらえればと思っています。

2018.11.13

生活保護の不正受給対策にAIを活用する英国政府 ほか

グーグル、社会貢献性の高いプロジェクトへのAI活用に2500万ドルを支援【Reuters】 グーグルは米国時間10月29日、AIの活用によってプロジェクトの加速や成長を目指す人道・環境などの取り組みに2500万ドルの助成 […]

2018.11.12

ロイター、「2018年版 最も革新的な大学ランキング100」を発表 ほか

ロイター、「2018年版 最も革新的な大学ランキング100」を発表【Reuters】 英通信者のロイターは10月11日、科学の進歩や最先端テクノロジーの発明、新たな市場・産業の創出などに貢献した世界の教育機関を格付けする […]

2018.11.08

第1回 どんな仕事にも構想力が問われる時代になる

異なる領域から人工知能研究に転身した人は多いが、最初から人工知能の研究者を目指したのは中島氏が日本で最初であると言っていい。つまり日本の人工知能研究は中島氏から本格化した。今やメディアで引っ張りだこの松尾豊氏(東京大学准教授)も彼の教え子である。その中島氏がシンギュラリティブームの中で右往左往する日本社会をどう観察しているのか、そして日本の人工知能研究、あるいは事業化がどうなっていくのかを予測する。(竹田)

2018.11.06

ARCHIVES