データベース 情報 イメージ
メディア イメージ
車 AI イメージ

LATEST NEWS

AIとチャットボットで問い合わせに対応、FX取引やエネルギー事業者で活用へ

人工知能(AI)と、メッセージに自動応答するプログラムのチャットボットを組み合わせて、カスタマーサポートなどの顧客対応を自動化したり品質向上を目指したりする動きが相次いで発表された。

2017.02.16

宇宙天気予報の精度を上げる技術の開発~機械学習とビッグデータで、太陽フレアの発生予測を8割へアップ~

機械学習とビッグデータを用いた手法が、太陽フレアの予測にも有効であることを実証。いまだに解明されていない太陽フレアの発生メカニズムを解明する鍵が得られた。従来よりも早い予報が可能になり、宇宙天気の影響による災害の早期対策へ貢献

2017.01.26

業界に特化することで専門用語や独特の言い回しに対応、NTTコムがAIで翻訳

NTTコミュニケーションズは「業界特化型AI翻訳プラットフォームサービス」(以下、AI翻訳PF)の提供を発表した。AI翻訳PFは、利用する業界や用途に特有の語彙、言い回しなどをAIに学習させておくことで、汎用的な自動翻訳システムよりも高い精度の翻訳結果を得られるようにしたサービスだ。

2017.01.26

HoloLens ✕ AI で実現する知能サイボーグ的未来

 MicrosoftのHoloLensがついに日本でも発売され、大きな話題を呼んでいます。  筆者は毎日HoloLensを持ち歩き、あちこちで色んな人にHoloLensを体験してもらっています。  いろいろな人や初対面の […]

2017.01.25

企業のIoT機器のセキュリティを機械学習技術で守る「ZingBox」、ソフトバンクが提供

IoTデバイスのセキュリティリスクが高まっている。そうした中で、産業分野や工場などで企業が利用するIoT(インダストリアルIoT:IIoT)に向けたセキュリティソリューション「ZingBox」の提供が国内で始まる。

2017.01.24

音を聞いて機械の不調を察知する「耳のいいAI」自動運転車両の故障検知に活用へ

多くの深層学習が顔認識など画像に目を向ける中、イスラエルのスタートアップ、3DSignalsは音に耳を傾けている。同社は機械の発する音を超音波センサーで拾い、深層学習により不調を来した機械の出す雑音のパターンを理解させて予防保全を行うことができるというシステムを開発している。

2017.01.06

デザイナーとAI

 筆者は幸運なことに様々なデザイナーと仕事をする機会に恵まれました。  デザイナーと仕事をするというのは非常に刺激的な体験です。相手が一流、超一流と呼ばれる人ならばなおさらです。  そしてしばらくAIの仕事をしていて、気 […]

2017.01.06

できそうなことはだいたいできる画像生成AI、pix2pixの汎用性に驚く

 昨年末に発表された、ペア画像の敵対生成学習を行うpix2pixがあまりにも面白く、年末はずっとpix2pixをいじっていました。  pix2pixとはなにかというと、カリフォルニア大学バークレー校で開発されたAI教育用 […]

2017.01.04

IoTとAIの成功には「何をしたいか」が重要

今年もAIとIoTが盛り上がっていましたが、様々な議論を眺めていると、ああ、分かってないなあという議論が多いことが気になります。 テレビや新聞、雑誌の議論の多くは「実際運用した場合どうなのか?」という視点や体験談が抜け落 […]

2016.12.27

広がるAIの活用、PR効果測定や小説作品分析で

人工知能(AI)がブームになる中、活用の幅を広げるようなニュースが相次いだ。1つはビルコムが提供する、AIや自然言語処理を用いたクラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」。もう1つはツギクルによるAIを活用した作品分析サービスの提供だ。

2016.12.22

ARCHIVES