ロボット 学習 イメージ
セキュリティー AI イメージ
交通標識 落書き イメージ
AI 脳 生命 イメージ

LATEST NEWS

「学ばせる」プログラミングが、最も「学べる」可能性

イスラエル工科大学(テクニオン)のロボティクス&ディジタル技術教育センターに集められた、高校生と大学初年度の学生たちに、ロボットを学ばせるに当たって、ある試みが行われた。ロボットが行うべき単純なタスクを設定し、それを実行できるように学生たちにプログラムを組ませるのではなく、ロボット自身が、試行錯誤を通じて、より良い方法を学ぶようにプログラムを作らせたのだ。

2017.09.25

サイバーセキュリティのスキルを持ったAI

今現在、ほぼ全ての組織の情報通信システムは、サイバー攻撃の対象となり得る。しかしその全ての組織が、大勢のエキスパートを雇い、セキュリティー防衛の陣容を整えて、十分な24時間監視体制を敷くことができるわけではない。

2017.09.22

我々は「知能」をどこまで理解しているのだろうか

今日は北九州市で開催されている、「日本神経回路学会」の招待講演に呼ばれました。 そこで出た話題の中で、非常に興味を引いたのが、「われわれは人工知能に限らず、知能そのものをもっと理解する必要がある」というテーマでした。 神 […]

2017.09.19

ゲームとニューラルネットワーク、または海運ジェネレーションのこと

 人工知能をいじっていて、とつぜん思い出したことがあります。  今から考えると、まるでおとぎ話のようですが、ほんの少し前まで、携帯電話でゲームをするというのは、とてもとても、特殊なことでした。  まず端末の性能が低く、白 […]

2017.09.19

道路標識への落書きが、自動運転車の致命的な誤作動を招く

もし自動運転車ばかりが走り回る未来社会が来たときには、信号機や道路標識、行き先案内板などは、近距離無線のビーコンになっていて、自動運転車の受信機が無線で情報を受け取るようになるかもしれない。当分の間、自動運転車は搭載しているレーダーやセンサー、カメラ、GPSなどからの情報を瞬時に分析しながら、速度や方向を変えて、進んだり止まったりするはずだ。標識を誤認識しないことが重要となってくる。

2017.09.15

[PR]人工知能とその応用技術の最先端研究を紹介する DENSO A.I. TECH SEMINARが今年も開催

自動運転技術の開発に各社がしのぎを削る中、デンソーのAI研究が加速している。2016年秋に人工知能技術実用化のための研究開発「AI R&D プロジェクト」を立ち上げ、研究者を東京に集約。カーネギーメロン大学の金出 […]

2017.09.11

そのクチコミ、ほんとうに人間が書いたもの?

マーケティングでは、商品やサービスを使ったお客様の声(テスティモニアル)が有効とされている。テレビの通販番組やコマーシャルには、「個人の感想です」という字幕とともに、ポジティブな利用体験を語る有名・無名の「お客様」が登場 […]

2017.09.04

AIは人間の人生を向上させることが出来るか

 先日、メルボルンで開催された統合国際人工知能学会(IJCAI2017)の基調講演では、「人間にとってよりよい人生を過ごすことができる提案をするAI」について語られました。  要は「あなたはこんな趣味を持つのがいい」とか […]

2017.08.27

テロとAI

 メルボルンで開催されている、IJCAI(International Joint Conference on Artificial Intelligence/人工知能に関する国際統合学会)に来ています。  会場で気がつく […]

2017.08.22

FX取引で人間がAIには勝てそうにない理由

 ビットコインの高騰が止まりません。  8月1日に32万円だった1BTCが、先日はもう49万円の最高値をつけました。  高騰の原因はハードフォーク前の買い控えが一気に買いに動いたことと、Bitcoin Cashの不調でも […]

2017.08.17

ARCHIVES