WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ディー・エヌ・エー、AT&Tとの提携発表 - Mobageを「Androidユーザー向けのゲーム・ハブ」に

2011.08.05

Updated by WirelessWire News編集部 on August 5, 2011, 11:23 am JST

先週、英語圏と中国向けのサービス展開を明らかにしていたディー・エヌ・エー(DeNA)が、さっそく米携帯通信大手のAT&Tとの提携を発表している。

米国時間4日付のプレスリリースによると、ディー・エヌ・エーは昨年買収した米エヌジーモコ(egmoco)のソーシャルゲーム・プラットフォーム「Mobage」をAT&Tに提供していく。AT&Tでは「Mobage」を同社のAndroidスマートフォンユーザー向けゲームのハブとし、ゲームのダウンロードや他のユーザーとの対戦ができるようにしていくという。なお、ngmocoが米大手通信キャリアと提携するのは今回が初めて。

Mobage
201108051123-1.jpg

AllThingsDでは、Mobageはスマートフォンベースのゲームプラットフォーム分野で、アップル(Apple)の「Game Center」や、やはり日本のグリー(Glee)が買収したオープンフェイント(OpenFeint)と競合することになると記している。なお「Game Center」はiOS端末(iPhone/iPad)向けアプリを、またOpenFeintはiOS/Android両方のゲームアプリをそれぞれ提供している。

AT&Tでは今年中に同社のユーザーがMobageを利用できるようにするとしているが、将来的には同社の取り扱う端末にMobage接続用アプリがプリインストールされて出荷される可能性もあるとAllThingsDは指摘している。

AT&Tの携帯電話加入者は6月末時点で9860万人で、米携帯通信分野で第2位。また第2四半期には契約者全体に占めるスマートフォンユーザーの割合が50%に達し、同期のiPhoneを除いたスマートフォンの販売台数も前年同期比2倍の約230万台に上ったという。

【参照情報】
AT&T and ngmoco Announce Agreement to Bring Popular Social Gaming Platform Mobage to AT&T Android Customers - PR Newswire(プレスリリース)
DeNA Gains Traction in the U.S. With AT&T Social Games Partnership - AllThingsD
AT&T's Profit Declines, but iPhones Hold Steady - WSJ.com
DeNAがモバゲー海外展開、アンドロイド向けに英語圏と中国で - ロイター
DeNA/ngmocoがMobageを主要英語圏6か国と中国に展開 - TechCrunch JP

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら