WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

アマゾン、クラウド音楽配信サービスでアップル「iTunes Match」追撃へ

2012.06.18

Updated by WirelessWire News編集部 on June 18, 2012, 10:51 am JST

アマゾン(Amazon)が、同社のクラウドを使った音楽配信サービスに関し、大手レコード会社4社とライセンス契約を結んだとことが明らかになった。これにより、アマゾンでもアップルの「iTunes Match」と同様のサービスが提供できることになる。

アマゾンは昨年3月、ユーザーがクラウド上に保存した自分の楽曲ファイルをインターネット経由で聴けるようにするサービスを開始。ただし、一部の大手レコード会社との契約なしで開始されたことから、当初はユーザーが自分の手でアマゾンのサーバーに楽曲ファイルをアップロードする必要などがあるなど使い勝手の悪さが指摘されていた。

Amazon Cloud Drive: Learn More
201206181051-1.jpg

アマゾンは今回、このクラウド音楽サービスについて、ユニバーサル、ソニー、EMI、ワーナーの4社とライセンス契約を締結。これにより、ユーザーがローカルマシン内に保存した楽曲のライブラリーをスキャンし、サーバー上の音楽とマッチさせて提供することが可能になるという。

アマゾンは新たな機能を米国で今年7月には追加する予定。これは無料版と有料版の両方で提供されると見られており、iOS、AndroidOSの両プラットフォームで利用できる見込みだという。

今回のアマゾンのサービスは、アップル(Apple)が年間24.99ドルで提供している「iTunes Match」と同様のもの。アップルは昨年の時点で大手4社とライセンス契約を結んでいた。いっぽう、グーグル(Google)が提供する「Google Music」も大手レコード会社らと交渉中であるとされているが、合意には至っていない。

【参照情報】
Amazon Said To Start Apple Cloud Music Challenger In July - Bloomberg
Amazon's music cloud is licensed by all top labels - CNET
Amazon's cloud music service licensed by all major labels, says CNET - The Verge
アマゾン、メディア・ロッカーサービス「Cloud Drive」を発表 - 「見切り発車」に批判の声も

アマゾンが新サービス「Cloud Drive」を発表したときの記事はこちら

コンテンツ提供に関する問題が片付かないままのサービス開始に、音楽会社などからは非難の声もあがっていた。

アマゾン、メディア・ロッカーサービス「Cloud Drive」を発表 - 「見切り発車」に批判の声も

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら