WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

ビッグローブ、スマホへの迷惑電話をブロックする「あんしん電話フィルター」を提供

2015.10.01

Updated by Naohisa Iwamoto on 10月 1, 2015, 20:17 pm JST

ビッグローブは2015年10月1日、Android向けの迷惑電話フィルタリングアプリ「あんしん電話フィルター」の提供を開始すると発表した。同社が運用するBIGLOBEへの登録が必要で、価格は月額300円。

あんしん電話フィルターの主な機能は、「迷惑電話のブロック」と「未登録電話番号の発信元の表示」の2つ。

迷惑電話ブロックでは、トビラシステムズが毎日更新する2万5000件以上の迷惑電話番号リストに基づいて、迷惑電話がかかってきた際にスマートフォンの着信音などを鳴らすことなく着信を防止する。迷惑電話番号リストにない番号であっても、利用者がスマートフォンの着信履歴から任意に着信拒否の登録が可能で、その場合も着信音の鳴動などを止めることができる。

未登録電話番号の発信元の表示では、スマートフォンの電話帳に登録されていない番号から電話がかかってきた場合に、600万件以上の電話番号リストを参照することで自動的に発信元の会社名や店舗名などを表示できるようにする。発信者不明の着信に対する不安を解消できるという。

トビラシステムズのリストを利用した同様のスマートフォン向けフィルタリングアプリは、マカフィーの「マカフィー セーフ コール」をNTTドコモとKDDIが提供している。ビッグローブがフィルタリングアプリを提供することで、格安スマホなどの利用者でも迷惑電話の不安を低減できるようになる。

【報道発表資料】
BIGLOBEが迷惑電話の着信を防止する「あんしん電話フィルター」の提供を開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。