WirelessWire News Technology to implement the future

by Category

宮崎県 延岡市 景観 イメージ
韓国 交通 自動車 イメージ
エストニア 景観 眺望 イメージ
レコード プレイヤー 再生 イメージ

Modern Times 

↓
↑

LATEST NEWS

中央集権型か、分散型か。データ活用で競争を優位にする組織とは

データを活用するための取り組みは各社で始まっている。実は、データをより効率的で実践的活用するためには、組織の作り方が非常に重要なポイントとなる。

2024.06.13

コンニャク情報から「自分を見付ける」ことは可能か

「自分を見失う」ということは、自律性が損なわれることと捉え直すことができる。この方針に引き続き従うなら、その反対の「自分を見付ける」ということは、自律性の度合いを高めることとして理解するのが自然だろう。

2024.06.11

LLMが変えたPoC、企業は容易に実現可能性をはかれるように

企業が新たな事業やプロダクトを始めるにあたっては、実現可能性の検証が欠かせない。かつてはこれに莫大なコストがかかったが、現在は低コストで容易に行えるようになった。理由はLLMの台頭だ。

2024.06.06

ChatGPTを活用するため重要な「データ」「意識」「コミュニティ」

ChatGPTは、今後も性能の向上が期待できるため、現在では対応できていない業務も将来的には実現できる可能性を秘めています。幅広い分野でChatGPTが普及すれば、人手不足などの問題の解消へ向けて明るい展望が見えてくることでしょう。

2024.06.04

インドがiPhoneの一大生産拠点になる理由

2023年12月、アップルは今後2~3年の間は年5000万台以上のiPhoneをインドで生産することを発表した。これにより今後数年間は、世界のiPhoneの4分の1がインドで生産されることになる。新たな生産拠点としてインドが選ばれた理由はなぜか。

2024.05.30

「好き」を表明すると、魅力的に見える

リアルな空間で会うときに比べ、オンラインでの出会いは情報が少なくなりがちです。それでも、自己紹介をするときには少しでいいので自分の「好きなもの」を言い添えてみましょう。あなたがより魅力的に映るかもしれません。

2024.05.28

ChatGPTはなぜ流行ったのか。2023年における影響

2023年の最大の話題はなんといっても生成AIの勃興だった。特に、ChatGPTは2022年11月の発表直後から話題を集め、登場から2カ月で利用者が1億人を越えるなど大きな話題となった。

2024.05.23

「自分を見失う」とはどういうことか? コンニャク情報を摂取し続ける自分を俯瞰する方法

実利を産む情報は、情報社会で私たちが出会う情報のごく一部でしかない。むしろ、大部分の情報はコンニャク的なのだ。しかし、(ただ感覚器官、脳神経系を通過するだけで、とくに行動上のメリットを伴わない)コンニャク情報との付き合いの良し悪しは、まさにそのコンニャク性が故に、私たちに実利をもたらすという中枢神経系の元々の目的に照らして判断することができない。

2024.05.21

「データマート」でデータの民主化を阻む壁を壊す

データを使って企業の戦略策定のレベルを上げ競争力を高めることは、もはや当たり前のこととなってきました。しかし、多くの企業でデータの活用は中央集権的なアプローチとなっており、データの活用は限定的です。

2024.05.16

機械ばかりが優秀なのか。月の撮影を推し進めたラジコン技術から考える

2024年1月、SLIMの無人月面着陸が成功した。半世紀以上前からソ連やアメリカが熱心に月へ機械や人を送りこんできたが、実はこのときに使われていた技術は現在の感覚からしてみると非常にアナログに近い。それでもなぜこれほどの偉業を為すことができたのか。

2024.05.14

ARCHIVES