WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

米大手プロセッサメーカーのインテル(Intel)が、アイティシーズ(Itseez)というコンピュータビジョン関連の技術を手掛けるベンチャーを買収することを米国時間26日に発表した。自動運転車をはじめとするInternet of Things(IoT)関連の取り組みに同社の技術を役立てる考えだという。

この話題を採り上げたWSJによると、アイティシーズは2005年に創業されたロシア企業で、同社のソフトウェア技術は自動車のドライバー支援システムや監視用セキュリティ・システムなどにも使われているという。

PC関連の売上減少が続くなか、インテルはIoTなど新分野への多角化の動きを進めている。コンピュータビジョン関連では、今年1月に同社の3D認識技術「RealSense」を採用する独ドローンメーカー、アセンディング・テクノロジー(Ascending Technologies)の買収も発表していた。WSJによると、自動車向けのコンピュータビジョン分野でNXPやエヌビディア(Nvidia)といった他の大手チップメーカーと競合することになるという。

なお、VentureBeatでは、自動運転車の普及により年間5070億ドル相当の生産性向上が期待できるとする大手投資銀行モルガンスタンレー(Morgan Stanley)の試算が紹介されている。

【参照情報】
Intel Buys Computer Vision Specialist Itseez - WSJ
Intel acquires computer vision startup Itseez for Internet of Things and self-driving cars - VentureBeat
Intel to acquire computer vision company Itseez Inc - SlashGear

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら