WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

冷蔵庫 食材 イメージ

コロナでミールキットが大人気、用途も変化

Meal kits are popular due to Corona

2020.04.23

Updated by Mayumi Tanimoto on April 23, 2020, 17:27 pm JST

イギリスは、都市封鎖して約1カ月ほどになりますが、初期の頃に比べるとスーパーの品薄などは若干改善してきてはいるのですが、入店規制があったり、そもそも高齢者や病気がある人は外出ができないので、買い物がかなり困難な人が大勢います。一方、ネットスーパーの配送は相変わらず麻痺している状態で、配送スロットを予約することはほとんどできません。 

しかし、この状況でかえってビジネスが盛り返している会社もあります。

その代表がミールキットを販売する会社で、アメリカと同じくイギリスでも去年までは当初の物珍しさが薄れてしまっていたのですが、 レストランが閉鎖され、スーパーもネットで注文できないというわけで、ミールキットを頼む人が増えています。

その代表の一つがGoustoで、今年の第1四半期の売上は前年比70%増加で、3300万ポンドの増資に成功しています。4週間の間に38万家庭に400万食のキットを配送の予定です。需要が急増したために、急遽リンカンシャーの工場に100名を追加雇用し、年末までにさらに300名を雇用する予定です。

Mindful Chefは、新規顧客が500%増加、Pasta Evangelists需要急増です。

非常に興味深いのが、以前はミールキットというのは都市部の多忙な共働きカップルが自分達が食べるために頼むことが多かったのですが、コロナ騒ぎが始まってからは、家族や友人などで外出できない人のためにギフトとして注文する人が増えていること、冷凍の製品を注文する人が増えたこと、在宅勤務の人が増えたためにPCからの注文が激増していることです。

つまり、これまではちょっとした豪華な娯楽だったミールキットが、ネット生鮮食品通販に代わるインフラ的なものに変化しているわけです。要するに業態の大きな変化でありますが、他のテック系ビジネスも、生活必需品的なインフラとして変化することで生き残る形態が増えるでしょう。

 

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

谷本 真由美(たにもと・まゆみ)

NTTデータ経営研究所にてコンサルティング業務に従事後、イタリアに渡る。ローマの国連食糧農業機関(FAO)にて情報通信官として勤務後、英国にて情報通信コンサルティングに従事。現在ロンドン在住。