WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

2010年第1四半期のモバイルインターネット利用率、中国38%に対して米国27%

2010.10.06

Updated by on October 6, 2010, 15:00 pm JST

Nielsenは2010年8月4日、2010年第1四半期の中国の携帯電話の利用実態調査のデータを発表した。7億5,500万の携帯契約の規模にある中国の携帯電話利用だが、これは人口の半分を超え、世界で最も大きい携帯電話市場になっている。

携帯電話利用者の年齢分布をみると、比較的広範囲な年齢層が利用している。男女比は男性51%、女性49%と半々。ビジネスユーザとパーソナルユーザの割合は45%:55%とパーソナルユーザの比率が若干高い。音声利用のみが1割、音声利用とテキストメッセージ/SMSだけの利用者は36%で、残りの54%はEメールやゲームなどより高度な使い方をしている。またプリペイドが87%と大多数を占めているのが特徴だ。

▼図1 中国の携帯電話利用者の年齢分布(2010年第1四半期)
201010061500-1.jpg

▼図2 中国の携帯電話の利用形態(2010年第1四半期)
201010061500-2.jpg

===

過去30日に利用した携帯電話の機能を米国と中国で比較すると、一部の機能では大きな違いがあった。テキストメッセージは中国が86%に対して米国が64%、逆にマルチメディアメッセージングでは米国が37%に対し中国が22%。3Gなどブロードバンド化が米国の方が進んでいるため、利用アプリケーションでは大きな違いがあるようだ。

プリインストールのゲームをする人は中国では40%だが、米国では21%。インターネット利用は中国が38%に対して米国は27%。Eメールは逆に米国が25%と利用率が高いが、中国では8%と低い。

▼図3 過去30日以内に利用した携帯電話の機能(2010年第1四半期、中国と米国)
201010061500-3.jpg

閲覧ウェブサイトのカテゴリーでも米国と中国では大きな違いがある。米国ではショッピング/オークション、ビジネス/金融、旅行、科学/技術、ポータルなどが上位だが、中国では健康/フィットネス、教育/雇用、自動車などが上位に来ている。

▼図4 過去30日以内に訪問した携帯サイトのカテゴリー(2009年第2四半期と2010年第2四半期、メーカー別)
201010061500-4.jpg

本調査について

中国のデータはNielsenが2010年3月に面接法で19の都市で実施した、15歳以上の5千人弱に対する調査に基づく。

【情報ソース】
2010年8月4日のNielsenのブログ
Mobile Internet More Popular in China than in U.S.

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら