WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

NTTドコモ、ツインカメラでテザリングにも対応した「AQUOS PHONE SH-12C」を20日発売

2011.05.11

Updated by Naohisa Iwamoto on May 11, 2011, 19:10 pm JST

NTTドコモは2011年5月11日、ツインカメラと3D液晶を搭載して3Dを手軽に楽しめるスマートフォン「AQUOS PHONE SH-12C」の開発を発表した。5月14日から予約を受け付け、5月20日に発売する。

端末外観
201105111910-1.jpg

最大の特徴は3Dの機能を高めたこと。800万画素のツインカメラで本格的な3D撮影が可能になる。静止画だけでなく動画も3Dに対応。またファインダーとして表示する3D液晶ディスプレイ上の画像も2Dと3Dを簡単に切り替えられるため、3Dの状態を確認しながら撮影することもできる。専用のメガネなどが不要で3Dを楽しめるディスプレイには、4.2インチQHD(540×960ドット)液晶を搭載。専用の高画質エンジンと併せて迫力のある高精細画像を楽しめる。

OSにはAndroid 2.3を採用。下り最大14Mbpsへと高速化したFOMAハイスピードに対応するほか、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信といった国内端末の定番機能を備える。タッチ操作やコミュニケーションの履歴を記憶する「TapFlow UI」で、自動的にユーザーの利用の仕方に合わせたカスタマイズが可能。HDMIケーブルで液晶テレビなどと接続して写真や動画を映しだす機能も備える。3D対応の同社の液晶テレビ「AQUOS」を利用すれば、AQUOS PHONE SH-12Cで撮影した3D画像も大画面で楽しめる。

また、最大5台までの無線LAN機器を接続してネット接続を可能にする「Wi-Fiテザリング」機能を搭載する。AQUOS PHONE SH-12Cをモバイルルーターとして利用することで、ゲーム機やパソコンなどがネット接続できるようになる。ただし、通信料金は。「パケ・ホーダイ フラット」などのパケット定額サービスに加入している場合でも、「パソコンなどの外部機器を接続した通信」の適用となり、月額上限額が1万395円になるため注意が必要だ。

【報道発表資料】
「AQUOS PHONE SH-12C」を開発

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。