WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ベライゾン、「Galaxy S II」の取り扱いを見送り - iPhone最有力対抗馬の先行きに影

2011.08.26

Updated by WirelessWire News編集部 on August 26, 2011, 12:03 pm JST

サムスン(Samsung)が9月に米国市場への投入を予定している「Galaxy S II」について、米最大手の通信事業者ベライゾン・ワイアレス(Verizon Wireless)が取り扱いを行わないことが明らかになったと、Wall Street Journal(WSJ)が米国時間25日に報じた。

サムスンは米国時間29日にニューヨークでGalaxy S IIの発表イベント開催を予定しているが、そのなかではT-Mobile(T-モバイル)、スプリント(Sprint)、AT&Tのネットワークにそれぞれ対応するモデルが発表されるという。

ベライゾンが「Galaxy S II」の取り扱いを見送ることにした理由について、同社の広報担当者はWSJの取材に対し、「サムスン製のDroid Chargeを含め、多種多様な端末を消費者に提供できるだけの十分な品揃えがすでにあると考えているため」と説明しているという。

Galaxy S IIは、今年春の発売から85日間で、全世界で500万台の売り上げを記録し、IDCのアナリストからも「真の意味でiPhoneに代わり得るスマートフォン」と評されている。GigaOMでは、同機種が過去のサムスン端末の最短売り上げ記録を更新していることに触れ、WSJに対するベライゾンの説明に疑問を呈し、「Galaxy S IIが、より多くのデータ通信収入を見込めるLTEに対応していないことが、見送りの原因ではないか」と記している。

サムスンは今年第2四半期に、出荷台数前年比380%増を記録して世界第2位のスマートフォン・メーカーとなっている。WSJでは、米国の通信事業者最大手であるベライゾンの力を抜きに、世界第1位のアップル(Apple)に対抗するのは困難ではないかと指摘している。いっぽうBGRでは、ベライゾンが「Galaxy S II」と非常に似た製品を異なるブランド名で発売する予定があるとしている。

数年前には大々的なマーケティング・キャンペーンを展開し、Android OS搭載の「Droid」を大ヒット作に導いた影の立役者ともいわれるベライゾンも、今年2月にはiPhoneの取り扱いをはじめたことから、競合他社--とくにAT&Tへ対抗していく上で、Androidスマートフォンを後押しするインセンティブが以前より薄れているといわれている。

【参照情報】
No Verizon for Samsung Galaxy S II - WSJ.com
No Samsung Galaxy S II for Verizon after all - GigaOM
Exclusive: Verizon passes on GALAXY S II, but 'similar' Samsung phone launching soon - BGR
スマートフォン比率、東京圏では携帯電話全体の6割を超える
アップル、ついにスマートフォン販売台数トップに - サムスン、ノキアを押さえて(米調査会社)
サムスン「Galaxy S II」、85日間で500万台を販売 - 8月にはいよいよ米国市場へ

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG