WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

サムスン、独自メッセージングサービス「ChatON」発表 - クロスプラットフォームで差別化ねらう

2011.08.30

Updated by WirelessWire News編集部 on August 30, 2011, 10:39 am JST

サムスン(Samsung)は29日、新たなメッセージング・サービス「ChatON」を発表した。同社では10月より提供予定のこのサービスを、自社のフィーチャーフォンやAndroid端末、「Bada OS」搭載スマートフォンのほか、他社のAndroid端末や、iOS端末、BlackBerry端末、さらにはウェブブラウザ経由でPCからも利用できるようにする計画だという。

「ChatON」は画像や動画の送受信、グループチャットに加え、手書き文字の送受信や、頻繁にやり取りする相手を表示する機能などを備えている。このサービスは将来的に120ヶ国、62言語に対応する予定という。

メッセージング(チャット)サービスの分野では、リサーチ・イン・モーション(Research In Motion)の「BlackBerry Messanger」(BBM)が以前から高い人気を誇る一方、アップル(Apple)でもこの秋にリリース予定の「iOS 5」で新たに「iMessage」を盛り込み、BBMなどのライバルに競合する姿勢を示している。

また、そのほかにフェイスブック(Facebook)が8月にリリースした「Facebook Messanger」(買収したBelugaの技術をベースとしたもの)、グーグル(Google)が6月にリリースした「Google +」に含まれる「Huddle」サービス、スカイプ(Skype)が8月に買収を発表した「GroupMe」など、インターネットサービス各社によるメッセージングサービス分野の取り組みがこのところ活発化している。

ただ、こうしたなかでサムスンが新サービスを投入したことについて、GigaOMでは「ユーザーは、これだけ多くのチャットサービスを必要としているのだろうか?」と疑問を呈し、「やがて少数のチャットサービスに収束していくだろう」との見方を示している。また、従来型のメッセージングサービス(SMS)からいまだに少なくない収入を上げている米国などの携帯通信事業者にとっては、こうしたウェブ(IP)ベースのメッセージングサービスの普及が経営面での打撃となる可能性も指摘されている。

【参照情報】
Samsung Getting Its Chat On With Siloed IM Service - AllThingsD
How many group messaging apps do we need? Samsung: one more - GigaOM
Samsung launches mobile instant messaging tool - Reuters
スカイプ、グループミー(GroupMe)買収へ - アップル、グーグルなどに対抗
フェイスブック、スマートフォン向け「メッセンジャー」アプリを公開
[Pickup]たかがテキスト、されどテキスト - 海外でのメッセージングサービスの現状

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら