WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

中国バイドゥもモバイルプラットフォームを発表 - 独自OS開発の可能性も示唆

2011.09.06

Updated by WirelessWire News編集部 on September 6, 2011, 11:17 am UTC

中国のウェブ検索最大手、バイドゥ(Baidu)が現地時間2日、グーグル(Google)のAndroid OSをベースにした「Baidu Yi」というモバイル端末向けプラットフォームを発表したとFinancial Times(FT)などが伝えている。

201109061115.jpg
[出典:Mobiputing]

バイドゥでは、ロビン・リー(Robin Li)CEOが3月にFTとのインタビューのなかで、独自のモバイルプラットフォーム開発に関する計画があることを明らかにしていた。また同社バイスプレジデントのワン・ジン(Wang Jing)氏は、今回の発表に際して、将来的には独自のモバイルOSのリリースする可能性もあるとFTに語ったという。

Baidu Yiでは端末のスイッチを入れると、すぐに検索枠をふくんだメニュー画面が表示され、同社の検索サービスを容易に使えるようになっているという。またクラウド上に最大180GBまでのストレージが容易され、電子メール、写真、連絡先などのデータが保存できるという。

バイドゥでは「Baidu Yi」をサポートするアライアンスの結成に向け、すでに外部のアプリ開発者や端末メーカー、チップセットなどのコンポーネントメーカー各社と話を進めているという。

中国のウェブ企業が自社のモバイルプラットフォームを投入した例としては、7月下旬に「Aliyun OS」をリリースしたeコマース最大手のアリババの例がある。また、携帯通信最大手のチャイナモバイル(China Mobile)では、Androidをベースに独自開発した「Ophone OS」を以前から提供している。

FTによれば、中国の検索市場におけるバイドゥのシェアは売上高ベースで全体の70%を超えており、限定的にしかサービスを提供していないため20%以下のシェアしかないグーグルを大きく引き離している。ただし、モバイル端末からの検索に限ってはバイドゥのシェは35%に過ぎないという。

なお、中国には4億8500万人のインターネット利用者がいるが、そのうち3万1800万人は携帯電話からの利用者だという。また今年に入って3Gサービス加入者やスマートフォン購入者の数が急激に増加してきており、こうしたニーズに応えるべく端末メーカー各社から低価格帯のスマートフォンも発表されている。

【参照情報】
Baidu prepares mobile operating system - FT.com
Baidu really is China's Google: Search engine develops a mobile phone OS - Mobiputing
中国の百度公司、新たなモバイル向けプラットフォームを発表 - ロイター
中国アリババ、独自開発のモバイルOS「Aliyun OS」を発表 - 搭載端末第1弾は今月発売に
【図・グラフ】中国3Gサービス加入者の「指数関数的な増加」
サムスン、Galaxyスマートフォンの製品ラインを拡充 - 4機種の新モデルを発表
モバイルプラットフォームの新旧交代 - Asymco

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら