WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

マイクロソフト、Android関連の新たなライセンス契約を締結

2011.10.24

Updated by WirelessWire News編集部 on October 24, 2011, 09:39 am JST

マイクロソフト(Microsoft)は米国時間23日、Android搭載のスマートフォンやタブレット端末の製造を請け負う台湾コンパル(Compal/仁宝電脳)とライセンス契約を締結したと発表した。

201110240933.jpg
[出典:Microsoft TechNet]

マイクロソフトは、今回の契約締結により、現在市販されているAndroid搭載端末の半数について、ライセンス料を得られることとなったという。同社は、他社ブランドの端末を製造するODMのうち、Quanta(クアンタ、 2011年の第2四半期時点での市場シェア25%)、コンパル(同16%)、Wistron(ウィストロン、14%)の3社とライセンス契約を締結済みで、この結果市場の55%をカバーしたと述べている。

201110240934.png
[出典:Microsoft TechNet]

また自社ブランドのAndroid搭載端末を製造するOEMについても、すでにHTC(同29%)、サムスン(Samsung、同23%)をはじめとする各社とライセンス契約を締結しており、市場の53%をカバーしているという。

201110240935.png
[出典:Microsoft TechNet]

今回の契約は、マイクロソフトにとってAndroid関連で10件目のライセンス契約となる。この10件のうち9件は、この4か月以内に締結されたものだが、Neowinでは強力な特許ポートフォリオを所有するとされるモトローラ(Motorola)買収をもってしても、現時点ではグーグル(Google)がマイクロソフトを止めることができていないと指摘している。

【参照情報】
Microsoft's New Patent Agreement with Compal: A New Milestone for Our Android Licensing Program - Microsoft TechNet
Half of all Android devices have entered into patent agreements with Microsoft - Neowin
Patents emerge as significant tech strategy - Seattle Times
サムスン、Android端末関連のライセンス料支払いでマイクロソフトと合意
Android端末が売れると、マイクロソフトが儲かる - 「HTCから1台につき5ドル」とアナリスト
マイクロソフト、Android搭載スマートフォンをめぐってモトローラを提訴

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら