WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ヨラの「Sailfish OS」搭載スマートフォン、先行予約分が完売 - 具体的な台数は不明

2013.08.22

Updated by WirelessWire News編集部 on August 22, 2013, 14:21 pm JST

ノキア(Nokia)の元従業員らが立ち上げたフィンランドのモバイルOSメーカー、ヨラ(Jolla)。そのヨラが今年中の投入を予定するSailfish OS搭載スマートフォンについて、初期ロットの先行予約分が完売したことを明らかにした。ただし、具体的な台数は明かされていないことから、複数の媒体で推測を呼ぶ格好になっている。

同社ではこの初期ロットについて「個人ユーザーと一部の販売チャネルによってすべて予約済みとなった」としている。また同社の広報担当者はTechCrunchに対して、「われわれのような規模のベンダーでは、一度に5万台程度の発注をするのがふつう」などと答えただけで、具体的な数などは明かしていないという。

Sailfish OSはMeeGo OSを元に開発されたもので、同OS搭載端末についてはフィンランドの携帯通信事業者DNAが取り扱いの意向を明らかにしていた。そのことから、先行予約分の大半はこのDNAと、そしてすでに取り扱い予定を明かしていた中国のD.Phoneというディストリビュータからの注文が占めているのではないかとGigaOMでは推測している。

ヨラ製端末はLTE対応で、4.5インチ・ディスプレイ、デュアルコア・プロセッサ、8メガピクセルのカメラ、16GBの内蔵メモリなどを搭載し、399ユーロで発売になる予定。なおGigaOMでは、クラウドファンディング・サイトで資金提供者募集を進めるカノニカル(Canonical)の「Ubuntu Edge」(695ドル)に対し、1万4500万台程度の申し込みが集まっていることを踏まえ、ヨラ製端末が5万台売れたとすれば同社にとって上々の滑り出し、などと指摘している。

【参照情報】
Jolla says Sailfish OS smartphones sold out, but won't say how many - Fierce Wireless
Jolla wraps up its first production batch, but remains fuzzy on numbers - GigaOM
MeeGo Startup Jolla Closes Pre-Sales Campaign For Its First Phone, Booking Orders Of Up To 50,000 Units - TechCrunch

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG