WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

センサー内蔵ベビー服、Mimo

2013.10.16

Updated by Kenji Nobukuni on October 16, 2013, 13:20 pm JST

Mimo
201310161700-1.jpg

Mimoはセンサーを内蔵した、洗濯可能なコットン製のカバーオール(上下一体型の赤ちゃん用の衣類)と、それに装着する亀(タートル)の形をしたトラッキング・モニターから成るシステムで、長期に渡って赤ちゃんの睡眠のトレンドや成長を、スマートフォンのアプリで分析することができる。

Mimoはフィルム状の薄いセンサーで赤ちゃんの呼吸、皮膚温度、姿勢、活動レベルをモニターし、音声を無線で飛ばすことができる。目的は両親の安眠。亀の形のモニターは防水で、飲み込めないサイズ。Bluetooth Smartを採用して消費電力を抑えてある。Wi-Fiにも対応している。呼吸や姿勢、皮膚温度が変化したり、赤ちゃんが眠ったり起きたりすることをトリガーに、両親のスマートフォンにアラートを送ることが可能(iPhoneとAndroidに対応)。

Mimoを作ったのはボストンのRest Devices社で、MIT出身のエンジニア4人とマーケティング及び事業開発を担当する女性CEOのチーム。同社は医療機器の開発を目指していたが、同社技術が赤ちゃんの呼吸のモニタリングに使えることが分かってから、赤ちゃんモニターに専念しているという。クラウドファンディングのDragonInnovationで資金調達した際の1セットの価格は100ドル。着替え用の3着入りセットは200ドル。赤ちゃんの足に装着するOwletのベビー・モニター(250ドル)と競合する。

【参照情報】
Mimoのウェブサイト
DragonInnovationのMimoのページ
Owletのウェブサイト

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

信國 謙司(のぶくに・けんじ)

NTT、東京めたりっく通信、チャットボイス、NECビッグローブなどでインターネット関連の事業開発に当たり、現在はモバイルヘルスケア関連サービスの事業化を準備中。 訳書:「Asterisk:テレフォニーの未来