WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

KDDI、データ通信量を家族で「ギフト」する新プラン「カケホとデジラ」を提供へ

2014.06.25

Updated by Naohisa Iwamoto on June 25, 2014, 21:27 pm UTC

KDDIは2014年6月25日、音声通話がかけ放題になる基本料金プランと、6つのデータ定額プランを組み合わせた新料金プラン「カケホとデジラ」を発表した。新料金プランは8月13日に提供を始める。すでに提供を始めているNTTドコモの「カケホーダイ&パケあえる」、7月1日に提供を開始するソフトバンクモバイルの「スマ放題」と併せて、大手3社が料金体系の舵を一斉に切ることになった。

▼「カケホとデジラ」を発表するKDDIの田中社長20140625_kddi001.jpg

「カケホとデジラ」は、総論ではドコモの新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」と同じ方向性の料金体系を採用する。ただし、ソフトバンクモバイルの「スマ放題」がほとんどドコモに追従したのに対して、各論ではかなり相違点を打ち出している。

基本料金プランは、国内通話がかけ放題になる「電話カケ放題プラン」を提供する。4G スマートフォン向けは月額2700円、auケータイ向けは月額2200円である。ISP料金であるLTE NETが別途300円必要になる。

「データ定額」プランは、月間2GBまでの「データ定額2」が月額3500円、3GBまでの「データ定額3」が4200円、5GBまでの「データ定額5」が月額5000円、8GBまでの「データ定額8」が月額6800円、10GBまでの「データ定額10」が月額8000円、13GBまでの「データ定額13」が9800円となる。ドコモとソフトバンクモバイルは、データのパック料金を2GB、5GB、10GB、15GB、20GB、30GBと設定していたのに対して、きめ細かく設定したのがポイントだ。auケータイ向けのデータ定額は月額3500円で、データ通信が使い放題になる。

▼auの新料金プランを他社と比較20140625_kddi002.jpg

説明会でKDDIの田中孝司社長は「auの新料金プランの1つ目の特徴は、他社にない3GB、8GB、13GBのパックを入れたことで、利用者が自分に合ったパックを選びやすくしたこと。もう1つは8GBから13GBのパックは、他社より安い"スーパーおトク"な設定にしたこと。他社は段階があまりないが、auは細かくピッタリ合った料金体系で、さらにデータをたくさん使うほど安くなるような料金プランを提案した」と説明する。

家族でデータ量を融通する方法として、ドコモ、ソフトバンクの「データシェア」とは異なる「データギフト」を採用したこともポイントだ。auの新料金プランでは、家族はそれぞれ"自分に合った"データ定額プランを契約してデータ通信を利用する。その際に家族内で、月内に使いきらなかったデータ量を、不足している人に「ギフト」できるのが「データギフト」だ。ギフトは無料で、0.5GB単位で贈ることができる。

田中社長は「シェアはムダがないように見えるが、実際にはなかなか難しいのではないか。シェアの場合はデータ容量が不足したら、アカウントオーナーであるお父さんが買う仕組みになっているが、家族の状況によっては非現実的だろう。auの新料金プランでは、余ったデータ容量は意思を持って家族に贈れるという新しい価値を提案したい」と語る。

▼「データギフト」のイメージ20140625_kddi003.jpg

データ容量を家族でシェアすることで割安にできるようにする代わり、auでは新料金プランでも固定回線とのセットで基本料金を割り引く「auスマートバリュー」を適用できるようにした。2GB、3GBのデータ定額では月額934円、5GB以上のデータ定額では当初2年間は月額1410円、それ以降は月額934円の割引が永続する。他社と同額の月額5000円で5GBのデータ定額を利用した場合でも、auスマートバリューが適用されることで支払いは2年間にわたって3590円に抑えられる。これまでauスマートバリューの対象外だったauケータイでも月額934円の割引が適用されるようになったのもポイントだ。

このほか、主なメニューとしては、「データチャージ」「長期優待データギフト」がある。データチャージは、月間データ容量を超えて高速データ通信をしたい場合に、リアルタイムでデータ容量をチャージができるもの。0.5GBのデータチャージは550円、1GBの場合は1000円で、62日間有効となる。長期利用者への優遇としては、6年目以降の長期利用者に対して3カ月に1度、データ容量を増額する「長期優待データギフト」を提供する予定。データ定額2と同3では6年~8年目で0.5GB、9年~10年目で0.75GB、11年目以降で1GBが3カ月ごとに追加される。データ定額5以上のプランでは、6年~8年目で1GB、9年~10年目で1.5GB、11年目以降で2GBが追加される。

▼新料金プランの開始スケジュールと各種キャンペーン施策20140625_kddi004.jpg

カケホとデジラの開始は8月13日。ただし、データギフトと、1人で複数の端末を利用する場合の「データシェア」は12月1日に開始する予定だ。

【報道発表資料】
auの新料金「カケホとデジラ」音声通話定額と一人ひとりに合った選べる6つのデータ定額サービス

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。