WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

トランスフォーマー家具

2014.06.17

Updated by Kenji Nobukuni on June 17, 2014, 10:00 am UTC

201406161700-1.jpg

工場にはロボットが導入されているから、自動車や家具をロボットが組み立てていても不思議はないが、ロボットそのものが家具になる時代が訪れたらしい。

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)バイオロボティクス研究所が開発したルームボット(Roombots)は6面体のようなボール状のモジュールで、複数のルームボットが連携して連結して、椅子やテーブルなどの家具を、動的に形成する。紹介動画が印象的だ。

6面にはギアといくつものスリットと爪があって、回転することで移動し、スリットに爪を引っ掛けてつながり合ったり、スリットを刻んだ壁を登ったりすることができる。各モジュールにはバッテリーとアンテナ、モーターが3個実装されている。

利用者の指示で形状(つまりは用途)を変えたり、場所を移動したりすることができる「家具」は、動きが不自由な人には大変役に立つのではないかと期待されているようだ。

【参照情報】
Robots transform into furniture at EPFL

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

信國 謙司(のぶくに・けんじ)

NTT、東京めたりっく通信、チャットボイス、NECビッグローブなどでインターネット関連の事業開発に当たり、現在はモバイルヘルスケア関連サービスの事業化を準備中。 訳書:「Asterisk:テレフォニーの未来

RELATED TAG