WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

T-モバイル、2014年の加入者純増数は830万人 - 契約者総数は約5500万人に

2015.01.08

Updated by WirelessWire News編集部 on January 8, 2015, 15:29 pm UTC

米携帯通信大手のT-モバイル(T-Mobile USA)が現地時間7日に、2014年第4四半期の業績に関する速報値を発表した。同期の新規加入者は210万人を記録し、通年の新規加入者純増数は約830万人(そのうちポストペイド契約加入者は約490万人)に達したという。

この話題を採り上げたCNETでは、第3四半期末時点での契約者総数がT-モバイルは約5290万人、スプリント(Sprint)は約5500万人であったとし、第4四半期中に両社の順位が入れ替わった可能性もあると記している。

T-モバイルはこれまで通年のポストペイド純増数を430万〜470万人と予想していたが、今回発表された数字はこれを上回るもの。またプリペイド加入者なども含めた約830万人という数字は前年比で89%増にあたるという。

そのほか、Tーモバイルと上位3社との間での顧客流入・流出率を比較した「ポーティング・レシオ」(porting ratio)という数字も目を惹く。第4四半期の流入・流出率は全体で2.1対1だったが、会社別では対ベライゾン(Verizon Wireless)が1.4、対AT&Tが1.8、対スプリントが2.2となったという。

なお、T-Mobileでは新規顧客獲得に伴う負担が増加しており、第3四半期には73億5000万ドルの売上に対して9400万ドル(1株あたり12セント)の損失を計上していた。

また、FierceWirelessやCNET、Re/codeではいずれも、ベライゾンのCEOやAT&TのCFOが、それぞれの会社で顧客流出率の上昇がみられると最近発言していたことに触れている。T-モバイルが繰り出してきたさまざまな施策の影響が市場全体に現れてきているようだ。

201501091530.jpg
[Re/code]

【参照情報】
Un-Carrier Momentum Continues as Customers Continue to Choose T-Mobile Over the Competition - T-Mobile (Businesswire)
T-Mobile scores 2.1M total new customers in Q4 - FierceWireless
T-Mobile continues to steal customers from rivals - CNET
T-Mobile Gained Two Million Customers in Fourth Quarter Amid Continued Heavy Promotions - Re/code

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら