WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ノキア、「HERE」事業売却で アップル、アリババ、アマゾンなどの各社に接触

Nokia is trying to drum up interest from the biggest names in technology

2015.04.23

Updated by WirelessWire News編集部 on April 23, 2015, 12:36 pm UTC

フィンランドのノキア(Nokia)が同社の地図事業「HERE」の売却を視野に、複数の企業に買収の打診を行っているとする話は既報の通りだが、これらの企業のなかにフェイスブック(Facebook)やアップル(Apple)、アマゾン(Amazon)、アリババ(Alibaba)といった大手のテクノロジー企業各社やドイツの大手自動車メーカーのグループなどが含まれているとの話がBloombergやReutersが報じられている。

Bloombergは情報筋の話として、ノキアがアップルやアリババ、アマゾンなどに売却の打診を行っているほか、バイドゥ(Baidu)、衛星ラジオ大手のシリウスXM(Sirius XM)、自動車部品メーカーのハーマン・インターナショナル(Harman International Industries)などにもこの件で接触したと記している。また早ければ来週にも最初の入札が行われる可能性があり、投資ファンドのシルバーレイク(Silver Lake Management)、ヘルマン&フリードマン(Hellman & Friedman)、エイパックス・パートナーズ(Apax Partners)、ゼネラル・アトランティック(General Atlantic)といった各社も入札に参加する可能性があるとしている。

いっぽう、Reutersでは独Manager Magazineの記事に言及しながら、フェイスブックや、BMW、アウディ(Audi)、ダイムラー(Daimler)の3社がつくるグループも「HERE」取得に関心を示しているとしている。また売却候補先候補のなかには、以前Bloombergが報じていた米ベンチャーのユーバー(Uber)も含まれている。

Bloombergでは、「HERE」の売却金額についてノキアが30億ユーロ(32億ドル)以上を希望していることや、この入札金額が希望額に達しない場合には売却が見送られる可能性もあるとする情報筋の話も紹介している。

ノキアは今月半ばに、アルカテル・ルーセント(Alcatel-Lucent:以下、アルカテル)を156億ドルで買収する計画を発表し、今後は通信機器関連市場にフォーカスしていく姿勢をより明確にしていた。

【参照情報】
Nokia's maps unit draws further bidders-Manager Magazin - Reuters
Nokia Targeting Apple, Alibaba and Amazon in Maps-Unit Sale - Bloomberg

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら