WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

インテル、女性やマイノリティーが経営するベンチャー企業に1億2500万ドルの投資計画

インテル、女性やマイノリティーが経営するベンチャー企業に1億2500万ドルの投資計画

Intel targets start-ups run by women and minorities

2015.06.10

Updated by WirelessWire News編集部 on June 10, 2015, 11:04 am JST

インテル(Intel)は米国時間9日、同社のベンチャーキャピタルであるインテル・キャピタル(Intel Capital)を通じて、女性やマイノリティー(アフリカ系やラテン系などの米国人)が経営者を務めるベンチャー企業を対象とした1億2500万ドルの投資計画を明らかにした。

この話題を採り上げた各媒体の報道によると、インテル・キャピタルはこの取り組みのために新たなファンドを立ち上げ、今後5年間で1億2500万ドルの投資を行うという。投資の対象となるのは、創業者または取締役に3人以上の女性もしくはマイノリティーが含まれるベンチャー企業。

インテルは今年1月に、女性とマイノリティーの従業員比率を2020年までに人口構成と同じ比率に引き上げるとの目標を打ち出していた。同時に、IT・ウェブ業界全体での多様性を拡大するため、総額3億ドルを投じることを明らかにし、具体的な金額を示すのはめずらしいとして注目を集めていた。

インテルでは、今回明らかにしたファンドによる投資の対象候補をすでに100社以上リストアップしており、実際にハウツー関連メディアを運営するブリット・プラス・カンパニー(Brit + Co.)、ヘルスケア関連のケアクラウド(CareCloud)、スマートカップのマークワン・ライフスタイル(Mark One Lifestyle)、サイバーセキュリティ関連のヴェナフィ(Venafi)の4社に投資を行っているという。

なお、ボブソン大学(Babson College)の2014年の調査によれば、米国でベンチャーキャピタルが支援したベンチャーのうち、女性が幹部を務めるのは15%だけで、女性がCEOを務めるベンチャーに限れば3%にとどまるという。

【参照情報】
Intel Capital will invest $125M in startups run by women and minorities - VentureBeat
Intel Capital Creates $125 Million Fund for Women-, Minority-led Startups - WSJ
Intel to Invest $125 Million in Female, Minority-Run Startups - Bloomberg

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら