WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

アップル

アップル、VR/AR関連の取り組み強化 - 企業買収や人材獲得を活発化(FT報道)

2016.02.01

Updated by WirelessWire News編集部 on February 1, 2016, 11:38 am JST

アップル(Apple)がVR(Virtual Reality)やAR(Augmented Reality)関連の企業買収や人材獲得を活発化させており、同社社内にはすでに数百人規模の開発チームが形成されているとする情報筋の話が、英国時間29日にFTで報じられている。

FTによると、アップルは先ごろフライバイ・メディア(Flyby Media)というAR関連のベンチャー企業を買収。同社はグーグル(Google)の3Dマッピングプロジェクト「Project Tango」でソフトウェア開発に協力していたことで知られる企業。また先週には、ダグ・ボウマン(Doug Bowman)氏というVR関連の著名な研究者(バージニア工科大学教授)を採用したことも報じられていた。

アップルはこれまでに、メタイオ(Metaio)、フェイスシフト(Faceshift)、プライムセンス(PrimeSense)といったVR/AR関連の各社も買収しており、これらの買収を通じて獲得した人材のほか、マイクロソフト(Microsoft)で次世代ヘッドセットの開発に携わっていた人材や、ライトフィールドカメラ開発で知られるライトロ(Lytro)の元従業員なども同社の開発部隊に加わっているという。

VR/AR分野では、オキュラス(Oculus)を傘下に収めたフェイスブック(Facebook)、「Hololens」「minecraft」などを擁するマイクロソフト、そして「Cardboard」「Project Tango」など複数のプロジェクトを手掛けるグーグルなど、大手各社がそれぞれ取り組みを本格化させている。また、これまであまり動きのみられなかったアップルでも、ティム・クック(Tim Cook)CEOが先週あった決算発表のなかでVR関連技術には「興味深い用途がいくつかある」などと前向きに評価するコメントをしていた。

FTによると、アップルはこれまでにVR関連の技術特許を複数取得しており、また2000年代には一時期、故スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)氏のもとでヘッドセット開発が進められていたこともあった。結局このプロジェクトは中止となったが、その後オキュラスの登場をきっかけに再びアップルの同分野に対する関心が再燃したという。

【参照情報】
Apple builds secret team to kick-start virtual reality effort - FT
Apple Targets Augmented, Virtual Reality With Hiring, Acquisition - WSJ
Apple reportedly has hundreds of people working on a secret virtual reality team - The Verge

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG