WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

韓国 街並み 鏡像 イメージ

サムスン、6G周波数に関するホワイトペーパーを公開 他2本

5G News May 3rd. week, 2022

2022.05.17

Updated by Wataru Nakamura on May 17, 2022, 07:00 am JST

サムスン、6G周波数に関するホワイトペーパーを公開【Samsung Newsroom 5/8】
韓国サムスンは5月8日、6Gに必要な周波数帯に関する同社のビジョンを示すホワイトペーパー「6G Spectrum: Expanding the Frontier」を公開した。この中で、「高精度のモバイルホログラムや極めて没入感の高いXR(Extended Reality)のような6Gサービスの実現には、数百MHz〜数十GHzまでの連続した超広帯域が必要」という見解を示した。また、同社はこの資料の公開に合わせて、サブテラヘルツ帯域通信やRIS(reconfigurable intelligent surface)、XDD(cross division duplex)、FD(full duplex)、AI-NC(AIを活用したnonlinearity compensation)、AI-ES(AIによる省エネ)などの6G関連技術の研究成果も発表している。

原文:Samsung Unveils 6G Spectrum White Paper and 6G Research Findings

ローカル5G事業からの収益増を視野に入れるディッシュ【Fierce Wireless 5/12】
英調査会社New Street Researchのアナリストが、ディッシュの米ローカル5G市場における事業の見通しに言及した。それによれば、ディッシュは2025年までに同事業の売上が300億ドルまで成長し、同市場のシェア20%を獲得する、と予想している。同社の幹部はローカル5G事業について、企業がローカル5G網を配備するためのCBRS周波数帯のリース、ローカル5G as a serviceの提供、ネットワークスライシングの3つの方法で収益を上げる計画に言及している。

原文:Dish eyes future profits from private wireless

5Gサービス売上、2026年までに世界のモバイルサービス売上の60%に(Omdia予想)【RCR Wireless 5/12】
英調査会社Omdiaの予想によれば、世界の5Gモバイルサービス売上は2026年に5400億ドルに達し、モバイルサービス売上全体の6割を占めるようになるという。特にゲームや動画ストリーミング、AR/VRなどのサービスが5G契約者の伸びに貢献し、世界のモバイル契約者に占める5G契約者の割合は同年に40%まで拡大すると見込まれている。

原文:5G to account for 60% of global mobile service revenues in 2026: Omdia

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

中村 航(なかむら・わたる)

1985年生まれ。福岡県福岡市出身。翻訳者。テクノロジーやファッション、伝統工芸、通信、ゲームなどの分野の翻訳・校正に携わる。WirelessWire Newsでは、主に5G、セキュリティ、DXなどの話題に関連する海外ニュースの収集や記事執筆を担当。趣味は海外旅行とボードゲーム。最近はMリーグとAmong Usに熱中。