WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

世界 ブロック 構築 イメージ

多様化する世界のDXソリューション企業をウォッチ

2022.07.25

Updated by Toshimasa TANABE on July 25, 2022, 16:54 pm JST

一口にDXといっても、その切り口やジャンルは様々である。ある領域に特化したDXソリューションで資金調達に成功している企業は多い。DXメディアであるModern Timesでは、「Modern Times DX企業研究所」と銘打って、世界の企業の最新動向から、DXが社会をどのように変革しようとしているのかを観察している。新しい記事から何本か紹介する。

・産業廃棄物業界へのITソリューション。AIが実現する業務効率化
https://www.moderntimes.tv/articles/20220725-01dxw/

・低所得者が使えるクレジットカード。口座なしでもアプリで手続きが可能
https://www.moderntimes.tv/articles/20220722-01dxw/

・データ横断でブランドの成長を実現。次世代のコマースインフラとは
https://www.moderntimes.tv/articles/20220721-01dxw/

・進化するメンタルヘルスケア。AIチャットボットが広げるセラピーの世界
https://www.moderntimes.tv/articles/20220720-01dxw/

・不妊治療の課題解決へ。AIで患者と医療機関の双方にアプローチ
https://www.moderntimes.tv/articles/20220714-01dxw/

・AIで車載ソフトウェアのアップデートを効率化。自動車業界での競争力に弾み
https://www.moderntimes.tv/articles/20220713-01dxw/

 

「本当のDX」を考えるウェブメディア『Modern Times』創刊「本当のDX」を考えるウェブメディア『Modern Times

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

田邊 俊雅(たなべ・としまさ)

北海道札幌市出身。システムエンジニア、IT分野の専門雑誌編集、Webメディア編集・運営、読者コミュニティの運営などを経験後、2006年にWebを主な事業ドメインとする「有限会社ハイブリッドメディア・ラボ」を設立。2014年、新規事業として富士山麓で「cafe TRAIL」を開店。2019年の閉店後も、師と仰ぐインド人シェフのアドバイスを受けながら、日本の食材を生かしたインドカレーを研究している。