WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

エリクソンのかわいいアンテナとアカマイ提携[動画]

2011.02.15

Updated by Michi Kaifu on February 15, 2011, 22:05 pm JST

MWC二日目、インタビューのために、関係者しかはいれないエリクソンのホスピタリティ・スイートを訪問した。ホール6という建物をほとんどまるまる使っている、今回展示会で最大のホスピタリティ・スイートだ。インタビュー動画は別記事にて紹介するが、スイートの中にも関係者限定の展示ブースが用意されており、そこで気になったものを少々紹介する。

ひとつは、「都市型ミニアンテナ」で、まだ商用化はされていない、コンセプト展示である。信号機やバス停標識の上にアンテナを統合し、大きな表示パネルでは、バス時刻表や周辺店舗情報の表示、タクシーを呼ぶなどが可能な「情報キオスク」も統合されている。白いなめらかな外観で、「アンテナ」というゴツい印象は全くない。

基地局アンテナは普通は見栄えが悪く、場所のオーナーや周辺の住民から設置を反対されることが多いため、作り物のヤシの木に隠すなど、キャリアは四苦八苦している。しかし、基地局の小型が進み、特に基地局密度の高い都市部では、むしろ市当局と交渉してこのような「かわいい」アンテナを数多く立てることで、スマートにその問題を解決できるだろう。

ErAntenna.jpg

▼運行状況を表示するバス停や信号機型のアンテナ

もう一つは、先日発表した、エリクソンとアカマイの提携の概念図。クロサカタツヤさんの記事にも紹介されているように、今展示会でのエリクソンの目玉である。これも、業界の大問題である「データ・トラフィックの混雑」に対する対策のひとつ。アカマイのノードをエリクソンの基地局に設置し、コンテンツを基地局までプッシュしておくことで、モバイル端末へのコンテンツ配信時間を短縮し、基地局レベルでも優先制御を可能にする。これにより、ユーザーのコンテンツへのアクセスがスピードアップするだけでなく、キャリアの運用効率も向上する。

ErAc.jpg
ErAc2.jpg

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

海部美知(かいふ・みち)

ENOTECH Consulting代表。NTT米国法人、および米国通信事業者にて事業開発担当の後、経営コンサルタントとして独立。著書に『パラダイス鎖国』がある。現在、シリコン・バレー在住。
(ブログ)Tech Mom from Silicon Valley
(英語版ブログ)Tech Mom Version E