WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

米スマートフォン、3人に1人がGoogleのAndroid

2011.04.27

Updated by on April 27, 2011, 18:30 pm JST

comScoreは、2011年4月1日に、2011年2月時点の米国携帯市場のデータを発表した。その直近3ヶ月平均のデータによると、スマートフォンのOSシェアはGoogle Androidが33.0%とシェアを増やし、3人に1人がAndroidを利用していることになった(図1)。Rimは28.9%と3割を切った。Apple iOSは25.2%と横ばいが続いている。

Google Androidは2010年8月には19.6%だったので、この半年で13.4ポイントもの上昇を遂げた。一方RIMは2010年8月には37.6%だったので、この半年で8.7ポイント減となった。図1には掲載していないが、4位のMicrosoftのシェアは7.7%で、3ヶ月前から1.3ポイント減、Palmのシェアは2.8%で3ヶ月前から1.1ポイント減となった。

なおスマートフォンは米国で6,950万台が保有されている。

▼図1:米国のスマートフォンのOSシェア(2010年6月〜2011年2月)
201104271830-1.jpg

===

米国13歳以上の携帯電話保有者は234百万人と推定され、その携帯電話のベンダーシェアでは、Samsungが24.8%で1位をキープしている(図2)。2位のLGは20.9%で、このところ横ばいとなっている。3位のMotorolaは16.1%で、シェアを落とし続けている。図2には掲載していないが、4位のRIMは8.6%で3ヶ月前から0.2ポイント下落し、5位のAppleは7.5%で3ヶ月前から0.9ポイント上昇している。

▼図2:米国保有携帯のベンダーシェア(2010年6月〜2011年2月)
201104271830-2.jpg

携帯電話で利用している機能は、テキストメッセージの送信が68.8%と最も高い(図3)。ブラウザの利用は38.4%、アプリのダウンロードが36.6%などと続いている。

▼図3:米国携帯利用者が携帯電話で行うこと(2010年12月〜2011年2月の平均)
201104271830-3.jpg

本調査について

月次で調査しているサービス「Mobilens」から過去3ヶ月平均の数字をもとにしている。

【情報ソース】
2011年4月1日のcomScoreのリリースなど
comScore Reports February 2011 U.S. Mobile Subscriber Market Share

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら