WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ブロードバンド・ユーザーのキャパシティ需要を満たすLiquid Radio

2011.05.18

Updated by WirelessWire News編集部 on May 18, 2011, 12:05 pm JST Sponsored by NOKIA

Liquid Radioは、通信事業者が最もコスト効率の良い方法で、たえず変化するモバイル・ブロードバンド・ユーザーのキャパシティ需要を満たせるようにする、画期的なアーキテクチャです。現在のモバイルネットワークにおいて、キャパシティ需要が均等になることはほとんどありません。スマートフォン、タブレット、その他のスマートデバイスのユーザーは、アプリケーションをたえず切り替え、様々な用途にデバイスを使用します。したがって、需要のアップダウンは避けられません。

ノキア シーメンス ネットワークスのLiquid Radioは、ユーザー需要の変動に合わせて、ネットワークのキャパシティとカバレッジを最適化します。従来の基地局構造を進化させ、コンポーネントを新たな形に再配置し、かつてない拡張性を実現します。需要に応じて無線装置やアンテナの利用する周波数やカバレッジを変化させる一方、ベースバンド処理はリモートでプールされます。

ノキア シーメンス ネットワークスのLiquid Radioの主な構成要素は、ベースバンドプール、統一されたヘテロジニアスなネットワーク、アクティブ・アンテナ・システムの3つです。

201105181205-1.jpg

ベースバンドプール

ベースバンドプールは、従来それぞれの基地局でローカルに行っていたデジタル信号処理を一つの装置に集中させ、複数の基地局で共有するというものです。その結果、全ての基地局の負荷が常に同じではないため、必要に応じてキャパシティを柔軟に割り当てることができるようになります。GSMから3G、LTE、LTE-Advancedまで、どのテクノロジーが動作しているセルであっても、1つのベースバンドプールに接続できます。

統一されたヘテロジニアスなネットワーク

現在の無線ネットワークは、700〜3,500 MHzの複数の周波数帯域を利用している上、LTE、HSPA+ 等、いくつもの技術が存在します。また、マイクロセル、ピコセル、フェムトセルを含め、小さいセルが一般的になる一方、モバイル・ブロードバンドの通信容量を拡張するために、WiFi 801.x等の技術が利用されることも増えています。

統一されたヘテロジニアスなネットワークは、様々なネットワークレイヤを論理上統合された1つのネットワークとして利用できるようになり、自動管理、シームレスなインターワーキング、妥協のないユーザー品質が実現します。

このヘテロジニアスネットワークのために、ノキア シーメンス ネットワークスは6セクタ化によるマクロネットワークのキャパシティ拡張、3セクタに対応するコンパクトな無線基地局(Flexi Multiradio Base Station)、1セクタでMIMO (Multiple Input Multiple Output)に対応したFlexi Remote Radio Head(RRH)、及びFlexi Multiradio Antenna Systemを提供します。さらに、新しいFlexi Lite Base Stationが小型セルに対応し、Smart WLAN ConnectivityソリューションによりWiFiホットスポットをモバイルネットワークに統合します。

従来の方法では、無数の小型セルからなるこのような複雑なネットワークを1つのネットワークとして管理することはできません。そこで、ノキア シーメンス ネットワークスはレイヤ管理が容易になるように、自動化と自己最適化機能を持つSON(Self Organizing Networks)ソリューションを提供します。

アクティブ・アンテナ・システム

アクティブ・アンテナ・アプローチはノキア シーメンス ネットワークスのFlexi Multiradio Base Stationを補完し、GSM、WCDMA、LTE、及びLTE-Advancedのマルチ無線やマルチバンドアクセスをサポートします。Flexi Multiradio Antenna Systemはパッシブアンテナや無線装置の後継として、よりコンパクトでシンプルな基地局を実現します。

Flexi Multiradio Antenna Systemは複数の低電力トランシーバを用いてパッシブアンテナ要素を動作させることによって、基地局のアクティブな無線部分をアンテナに統合します。フィーダーやジャンパーをなくすことによって、無線周波数損失が最小限に抑えられ、コストとパフォーマンスの両方で多大なメリットを得ることができます。さらに、最大密度のユーザー数に耐えられるキャパシティを実現し、キャパシティゲインが65%にもなる垂直ビームフォーミング等、最先端の機能にも道が開けます。

▼Liquid Radioの主要な構成要素
201105181205-2.jpg

Liquid Radioは、急増するキャパシティ需要に合わせてネットワークの順応性を高めながら、通信事業者のコストも引き下げるという、画期的かつ大きな一歩です。実際にどの程度コストを削減できるかは、各事業者の環境によって異なりますが、いずれにしても最小限の投資でエネルギーコストを引き下げ、さらに基地局運用コストも引き下げることができます。ノキア シーメンス ネットワークスのLiquid Radioによって、モバイル・ブロードバンド・ユーザーはいつでもどこでも、より快適で信頼性の高いパフォーマンスが得られます。

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG