WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ソフトバンクからもツインカメラのAndroid端末「AQUOS PHONE 006SH」

2011.05.18

Updated by Naohisa Iwamoto on May 18, 2011, 20:04 pm JST

ソフトバンクモバイルは2011年5月18日、ツインカメラを搭載したAndroid端末「AQUOS PHONE 006SH」を開発し、6月上旬以降に発売すると発表した。ツインカメラを搭載することで、3Dの動画や写真を簡単に撮影できる。

▼AQUOS PHONE 006SH
20110518_sbm.jpg

AQUOS PHONE 006SHはシャープ製のAndroid端末。OSにはAndroid 2.3を採用、800万画素のツインカメラ、4.2インチのQHD(960×540ドット)NewモバイルASV液晶などを搭載する。ツインカメラで撮影した3D動画や写真は、3D対応のディスプレイで専用メガネなどを使わずにすぐに楽しめる。チップセットには高性能CPUを搭載したQualcomm MSM8255(1.4GHz)を採用し、快適な操作性を実現する。国内向けの機能も充実している。緊急地震速報機能、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信などの機能を備える。

シャープ製のツインカメラスマートフォンは、NTTドコモが「SH-12C」として、KDDIが「IS12SH」として、それぞれ発表済み。シャープは冬モデルに引き続き、3大キャリアーに高機能なAndroid端末を納入することになった。

【報道発表資料】
ツインカメラで3D動画などを簡単に撮影できる「AQUOS PHONE 006SH」を開発

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。