WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

パキスタン、10月に3Gオークションを実施へ

2011.08.02

Updated by WirelessWire News編集部 on August 2, 2011, 12:00 pm UTC

中国、インド、インドネシア、日本に次ぐアジア5位の巨大市場、パキスタンで初の3G周波数オークションが10月に実施される見込みとなった。同国のモバイルユーザは2011年4月時点で1億700万、人口1億8000万人の約60%に上っている。このオークションで同国政府は750億パキスタン・ルピー(PKR)(1PKR=0.89円換算で約667億円)を集めるものと見られている。

パキスタンのオペレータは、エジプトのオラスコム(Orascom)系のモビリンク(Mobilink)、ノルウェイのTelenorのほか、Ufone、Warid、中国チャイナ・モバイル系のZongなどがいるが、リーダーはモビリンクで約3300万ユーザ、2位はTelenorで2600万ユーザを擁している。

Mobilink
201108021200-1.jpg

政府側は3G周波数オークションに関して2つの案を比較検討している。1つは10MHz幅を開放して約323億円から617億円を集める案で、もう1案では20MHzから32MHzの間の周波数によって約577億円から825億円を集める案。入札すると見られているのは上記5社で、オークションは2012年1月を目処に、また周波数の割り当ては2013年までに実施される見通し。

パキスタンのオペレータは2010年12月時点で195円程度と非常に低いARPU(加入者1人当たり月間売上高)に苦しんでおり、オークションに積極的に応じるか疑問視する向きもある模様。ARPU以外にも輸入税その他の高い税率、地方部でのモバイル普及率の低さなど、加入者数は多くても高額の入札に応じにくい不利な条件がオペレータにはいろいろあるようだ。

【参照情報】
Pakistan plans auction of 3G licences in October
Meeting for auction of 3-G licences delayed
Pakistan can earn $4b through auction
Raising Rs75bn through 3G licences a far-fetched idea

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら