WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

クアルコム、「HetNet」やLTEブロードキャストの「eMBMS」など次世代通信をデモ

2012.03.01

Updated by Naohisa Iwamoto on March 1, 2012, 07:00 am JST

「MWC 2012」でクアルコムは、Snapdragonなどのプロセッサーはもとより、LTE時代のネットワーク技術を積極的にアピールしている。1つが「HetNet」(Heterogeneous Network)のデモ、もう1つがLTE網でブロードキャストを実現する「eMBMS」(evolved Multimedia Broadcast Multicast Service)のデモだ。

▼HetNetでピコセルに接続すると、右上の総スループットのグラフが高くなった
20120229_qualcomm_001.jpg

HetNetはマクロセルの配下にピコセルを複数配置し、マクロセルのトラフィックをピコセルにオフロードすることで、無線ネットワークの容量を上げる技術だ。クアルコムは本社がある米サンディエゴにHetNetの試験用のマクロセルとピコセルを実際に設置。サンディエゴで端末を搭載した自動車を走らせ、リアルタイムでHetNetを使った状況をMWC 2012の会場で示すデモを行っている。HetNet対応の端末がマクロセルからピコセルに切り替わることで、ネットワーク全体のスループットが大きくできることを見せている。

▼eMBMSによって複数のビデオ番組をLTE上でブロードキャストするデモ
20120229_qualcomm_002.jpg

eMBMSは、LTEを使って複数の端末に同時に情報を伝送するブロードキャスト技術。eMBMSでは、LTEの帯域のうちブロードキャストに利用する帯域を自由に変化させることが可能で、通常のデータ通信のトラフィックが多い時にはブロードキャストのデータを減らすといった柔軟な運用が可能になる。ビデオコンテンツ配信や端末のアップデートのためのデータ配信をブロードキャストに移行することで、トラフィックのオフロードにつながる。通信事業者にとっては、放送のための新たな帯域や免許などを必要とせずにテレビのような番組配信が可能になる。デモでは複数のビデオ番組をLTEでブロードキャストする様子を示していた。eMBMSは、クアルコムと共同開発しているエリクソンのブースでも展示されている。

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。