WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

[2013年第20週]ドコモの夏モデルはGALAXY S4とXperia Aが「ツートップ」、イーモバも新製品発表

2013.05.20

Updated by WirelessWire News編集部 on May 20, 2013, 12:00 pm UTC

夏モデルの新製品が毎週相次いで発表されている。この週はNTTドコモとイー・アクセス(イー・モバイル)が新製品を発表した。ドコモは11機種のスマートフォン、タブレット端末を発表したが、その中でも2機種を積極的に販促する「ツートップ」の戦略を採る。イー・アクセスはソフトバンクモバイルのネットワークを利用するスマートフォンやモバイルルーターを発表し、ソフトバンクグループの一員である性格が強く出るようになった。

標準機能・性能がぐんと向上したスマートフォン新製品

NTTドコモは、2013夏モデル11機種と新サービス、Xiネットワークの展開をアナウンスした。新製品は全機種がクアッドコアCPUと2000mAh以上の大容量バッテリーを搭載、下り最大100MbpsのXiに対応する。夏モデルはラインアップ全体で基本性能を大きく底上げした。全機種がクアッドコアCPUを搭載。バッテリーはすべて2000mAh以上で、2500mAh以上のモデルも5機種に上る。登壇したNTTドコモの加藤薫社長は「すべてのモデルで、実使用時間で少なくとも45時間以上、ほぼ2日間使えるようにした」とバッテリーへの不満を払拭したことを強調した。その上で、「GALAXY S4 SC-04E」と「Xperia A SO-04E」の2機種を"ドコモのツートップ"とし、積極的に販売を推薦する(関連記事:ドコモ、クアッドコアと大容量バッテリーを標準にした2013夏モデル11機種を発表)。

201305201200-1.jpg

イー・アクセスは、3機種の新製品を発表している。1つは防水型のスマートフォン「ARROWS S(EM01F)」(富士通モバイルコミュニケーションズ製)。ソフトバンクモバイルのネットワークを利用して下り最大76Mbpsの高速通信が可能だ。「イー・モバイル」ブランドのスマートフォンの特徴であるワンタッチでテザリングできるウィジェット「Pocket WiFiウィジェット」を搭載する。1.5GHzクアッドコアCPU、4.7インチHD液晶、2420mAhno大容量バッテリーを備える。赤外線、ワンセグ、防水、防塵、おサイフケータイの各機能を搭載するほか、スマート指紋センサーでセキュリティーを確保することもできる(報道発表資料:オールインワン・ハイスペック防水スマートフォン「ARROWS S(EM01F)」を発売、下り(受信時)最大76Mbpsの高速通信に対応)。

AXGP、LTE、3G(W-CDMA)のマルチネットワークに対応し、下り最大110Mbpsの通信が可能なモバイルルーターの新製品が「Pocket WiFi(GL09P)」だ。SoftBank WiFi スポットにも対応することで、さまざまなシーンで高速データ通信が利用できる。バッテリーは5000mAhの大容量タイプで、スマートフォンやタブレット端末にも電源を供給できる。カラー液晶のディスプレイ、タッチキーの採用などで使いやすさにも考慮した(報道発表資料:下り(受信時)最大110Mbps対応 さらに進化したPocket WiFi(GL09P)を発売)。

USBスティック型のLTE端末「GL08D」も発表した。下り最大150Mbpsの高速データ通信が可能な規格である「UE Category4」に対応する。発表時点では、イー・アクセスのLTEサービスの最高速度である下り最大75Mbpsの通信が可能。38gと軽量でコンパクトなボディーを採用し、持ち運びに便利になった。回転式のUSBコネクターで機器への装着も容易。面倒なインストール作業なしですぐに使える「ゼロインストール」に対応する(報道発表資料:小型で軽量のLTE対応USBスティック型データ通信端末「GL08D」を6月より発売)。

===

提携、協業で広がるスマートフォンの利用

キャリアーと他社が提携、協業することで、スマートフォンの利用が一層広がる動きを見せている。

スマートフォンと自動車の関係が接近するニュースが2本あった。1つはNTTドコモがパイオニアに出資し、ITS(高度道路交通システム)テレマティクス分野の事業に本格参入するというもの。ドコモは、パイオニアの第三者割当増資を引き受ける形で、約50億円(出資比率約7%)を出資する。車載機器向けの地図や車両位置情報などの交通ビッグデータを所有するパイオニアに業務・資本提携をすることで、ドコモのクラウドサービスと連携させた新しい自動車利用者向けのサービスを開発する。

もう1つはKDDIがスマートフォン向けのカーナビサービス「auカーナビ」の提供を始めたというものだ。KDDIは、ナビタイムジャパンとの協業により、カーナビアプリ「auカーナビ」の提供を開始した。iPhone向けの「auカーナビ」、Androidスマートフォン向けの「auカーナビ for Google Play」で、いずれも月額525円で提供する。最大の特徴は、地図データや検索エンジンをスマートフォン内に保存するため、通信できない場所でもナビゲーションが可能なことだ(関連記事:スマホとクルマが一層接近、ドコモがパイオニアに出資、KDDIは「auカーナビ」提供)。

201305201200-2.jpg

KDDIはぴあと、「auスマートパス」を利用したサービス連携を行う業務提携および資本参加に合意したことも発表した。KDDIが持つauスマートパスを中心とするコンテンツサービスと、ぴあが保有するエンターテイメント関連情報を組み合わせ、ポータルサイトでの情報配信やauスマートパス会員に向けた独自の特典提供を行うことで、auスマートパス利用者の拡大・利用促進を図る(報道発表資料:ぴあ株式会社との業務提携及び資本参加について)。

スマートフォンを核にしたO2Oサービスの実証実験も始まる。KDDIなど5社は、東京都町田市にあるオープンモール型ショッピングセンター「グランベリーモール」でO2Oサービスの実証実験を実施する。スマートフォンアプリやWi-Fiの位置情報サービスを活用するもので、アプリを2つ用意する。1つはモール内のショップスタッフ一押し商品の画像をリアルタイムにスマートフォンに届ける商品情報アプリ「すなっぴん」で、利用者は新商品情報やセール情報などを受けることができ、モールへの来場を促進できる。もう1つは、Wi-Fiの位置情報サービスを使ったクーポンアプリ「くーぴん」で、タイムリーなお買い得情報を来場客に届けることができる。実証実験はKDDIのほか大日本印刷、三井物産、東急モールズデベロップメント、イッツ・コミュニケーションズの5社が実施する(報道発表資料:東急のオープンモール型ショッピングセンター「グランベリーモール」において「O2Oサービス」の実証実験を開始)。

===

通信制高校にタブレット導入、ドコモクラウドのAPI公開

このほか、この週のトピックを紹介する。

クアルコムの企業市民活動「Wireless Reachイニシアチブ」は、国内の通信制高校であるルネサンス高等学校とルネサンス豊田高等学校と共同で、同校の生徒1人に1台のタブレットを配布し学習に活用する「タブレット×デジタル教科書」プロジェクトを開始すると発表した。デジタル教材や動画を使ったオリジナルの教材を利用して、新しい学習スタイルを模索する。タブレットでも3GやLTEなどの通信サービスを利用することで、通信制高校に求められる「いつでもどこでも学習可能な環境」を実現する。ルネサンス高校は、このプロジェクトを利用して、今年度の全生徒約5000名にタブレットを配布する予定だ(関連記事:クアルコムとルネサンス高校、通信制高校でタブレットを使った教育のプロジェクト)。

NTTドコモは、ドコモクラウドで提供する各種サービスのAPIの一般提供を開始した。コンテンツプロバイダーなどのサービス提供者は、APIを使うことでドコモクラウドを自社のサービスと連携させた新サービスを創出できる。APIの提供は、まず「フォトコレクション」と「ドコモ電話帳」で開始する。今後、順次対象となるサービスを拡大する予定で、8月以降に「データ保管BOX」のAPIを提供する計画がある(関連記事:ドコモ、ドコモクラウドのAPIを広くサービス提供者に提供開始)。

シマンテックは、Google Playにおける日本語のワンクリック詐欺アプリが1月からの累計で700個を超えたと報告した。手口も複雑化しており、シマンテックはAndroid端末利用者に注意を喚起している。シマンテックによると、詐欺アプリは2月末から急速に増え続け、4月下旬に500個を突破、5月中旬には700個に及んだ。新しいアプリは日々公開されているという(関連記事:日本語のワンクリック詐欺アプリ、Google Playで700個に--シマンテックが警告)。

201305201200-3.png

昨年の第20週のできごと

・夏モデルスマホはAndroid 4.0、新サービスは取り放題
・金環日食、スカイツリー、トレンドとスマホの関係!?
・国内出荷は減るもスマホ出荷は急増
・EV充電中に情報閲覧、ドコモとDNPの電子書籍ストア改編

[2012年第20週]コンプガチャ"違法"、ドコモとKDDIの新作、金環日食&スカイツリー

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら